酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

とりあえず断酒・その2(断酒5年61日目)

 ブログとほぼ同時に始めた断酒のTwitter。

 日に何度か、閃いたことをtweetしている。

 

 今日は、雨が上がったと思ったら、ぐんぐんと気温も上がり、陽射しも強く、かつての習慣から、何の気なしに、あるものを連想した。

 

 

 こんなような閃きは、私の頭の中では、季節と共に繰り返すようで、昨年の4月にすでにブログに書いていた。

 

 2017/4/8
 『とりあえず断酒してみよう(断酒4年25日目)

 

 メールや、メルマガ登録時の一言で、

「酒をやめたいのですが、なかなか断酒に踏み切れません。」

との趣旨のメッセージを頂くことが多い。

 

 とても生真面目な方なのだと思う。

 

 断酒するに当たって、ちゃんとした大義名分が必要で、しかも、いざ始めたならば、絶対にそれを続けなければならない、そんな考えなのだろう。

 

 決して、軽い気持ちで、などと言う気は無いが、断酒するに当たって、そこまで用意周到な実施計画を前提にしていたら、いつまで経っても始まらないのではないか。

 

 なので、かつての飲んだくれ時代に、飲み屋に入店して、注文するときの決まり文句、

「とりあえず、ビール!」

のように、

「とりあえず、断酒!」

でいいのではないか?

 

 今日、とりあえず断酒してみたら、意外と調子が良かったぞ、明日もまた、とりあえず断酒してみようか。

 

 とりあえず断酒だって、これを繰り返せば、とりあえずではなくなって、自分にとって当たり前の習慣に定着するかもしれない。

 

 断酒するのには、大義名分があったほうが良い。

 

 けれども実際には、断酒への入り口は色んな所にあって、そこまで構えて、いざ!と言う人もあれば、何となく始めてみたら、これが中々いいので、そのまま続いている方も現にいらっしゃるのである。

 

でも、本当にそんな人いるの?誰なの?

 

 ハンドル名を出してしまうと、危険物乙7さん!

 昨年7月の大阪オフ会と、つい先日の4月の東京オフ会に来て下さった。

 大阪でその話を初めてお聞きした時、こんな風な断酒もアリ!なのだと、驚きつつも納得した。

 

 「とりあえず、ビール!」

 

 これから、ますますあちこちで、飛び交う言葉だろう。

 でも、私たち断酒erは「とりあえず、断酒!」で行こうではないか。

 

f:id:anomiyakun:20180514224046j:plain

(今朝、近所の河原で採ってきたマルベリーこと、桑の実。今年は熟すのが早い。ビタミンCとカリウムが豊富で美容に良い。味も良い!)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》