酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ノンアルコール生活2か月目へ(断酒32日目)

お酒を飲むのが当たり前の生活だった、つい一月前。休肝日など、考えられなかった、あの頃。その頃とは180度違う、毎日が休肝日のこの頃、お酒が遠ざかって行く。

 

断酒を始めた頃は、夕方からの飲酒欲求を我慢するのが、苦しかった。。。

 

なんと例えたらいいのか。腹の底から突き上げるような、腹中に住む酒の餓鬼が腹の中から叫ぶような、文字通り、喉から手が出るほど、酒が飲みたくてたまらなかった。じりじりとあぶら汗が流れるのだ。飲みたくて飲みたくて。

 

それで、レモンだの、クエン酸だのを冷水に混ぜて飲んだりして気を紛らわせていた。

 

ところが、最近、毎日ではないけれど、酒を忘れて過ごしていることがあり、ふと、それに気付いた時、とても嬉しくなる。あぁー、酒の囚われから解放されてるなーって。決して、このくらいのことでは油断はしないが。

 

 飲酒って、やっぱり、タバコと同じで、自分の身体にベッタリと張り付いていた「習慣」であり、「囚われ」だったんだなー。ほんの少しずつだけれども、「飲酒習慣」が身体から、薄皮を剥がすように、一日、一日と落剥して行くのを実感している。

 

でも、一度でも飲酒を再開したら、一気にまた何センチもの厚さで、ベッタリと張り付いてくるのも、分かっていますよ、「飲酒習慣」クン!

 

昨日のニュースでも、埼玉県川口市で、「酔って乱闘」という事件が報道されていましたね。30代から40代の人が数人、刺された、とのこと。また、アルコールの一気飲みでも、今年に入って既に3人ぐらい亡くなっているそうですし。

 

わざわざお金を払って「毒」を飲み、自分の貴重な命を危険に晒し、あまつさえ、急性アルコール中毒で亡くなったり、他人や家族を傷つけたり、傷つけられたり。一体、お酒とは何だろうか。

 

私のブラックアウトの経験から考えると、記憶のない内に自分が誰かに刺されて死に至るとか、逆に、気付いたら、手に刃物があり、目の前に、身体のどこからか大量出血して誰かが倒れている、なんてことも有り得るわけです。

 

これからも、ずーーーっと、アルコールを警戒して生きていきます。お酒を身体に入れなければ、アルコールは悪さをしないのですから。

 

f:id:anomiyakun:20130415204356j:plain f:id:anomiyakun:20130415204405j:plain f:id:anomiyakun:20130415204414j:plain

f:id:anomiyakun:20130415204432j:plain f:id:anomiyakun:20130415204439j:plain f:id:anomiyakun:20130415204422j:plain

↑愛用のトイカメラVQ1005の写真を並べておきます。全然、思ったように撮れないところが、おもしろいです。

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》