酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

日本酒の減り具合(断酒45日目)

 

タイトルを見て、断酒しているのに、「日本酒」が減るとは、どういうことだ!と思われたかも。

 

炒め物や、煮物、ご飯を炊くときなどに、我が家では日本酒をよく使う。調味料としての位置付けの日本酒。

 

つい先月の半ばまでは、夕飯時はいつも、ビールや酎ハイを、先ずはゴクゴクと飲み干し。。。その後、調理用の日本酒に手を出すのは、次の2パターン。

 

1.さて、次は、と、買い置きの酒を漁る。。酒がない!というとき

2.焼酎やら泡盛やらのビンが、飲んでいる内に空っぽになってしまったとき

 

調理用と言えども本物の日本酒なので、のんべーおやじにかかると、1週間も持たない。かみさんが料理に使おうとすると、空っぽになっていることが多々あった。

 

 

「あれー?こないだ買ってきたばかりなのに、もうないじゃん」

(ドキッ)

「まぁーた、パパが飲んじゃったのぉ?」

(やべっ!)

 

 

ところが、私が断酒してから、この調理用の日本酒、まだまだ半分以上残っているのだ。そんなん、大した事じゃないだろう、と思われるかもしれない。けれども、我が家では今まであり得なかった快挙(!?)なのだ。

 

実は、自分が一番驚いている。<<おぉー!まだ、日本酒が残っている!>>

 

我が家に唯一置いてある酒なのに、断酒してからは、これに手を出す気になったことが一度もない。これに手を出したら、もちろん断酒失敗になるし、飲酒再開の危険信号だということを強く認識しているから。

 

ひと時の偽りの快楽、醒めれば悪夢が待っている、あの飲酒生活には、二度と戻りたくない!でも、まだまだ酒を飲みたい、もう一人の自分がいる。飲んでいる内にフラフラしてくる感じが恋しい自分がいる。困ったものだが、理性でグッと押さえ込む。

 

さて、本日は、天気の良い早朝から、動き回った。

 

・早朝5時からウォーキングに出て、ついでに農家のおじさん直売の野菜をどっさり買ってきた。[ホウレン草、小松菜、菜の花、かき菜、葱坊主、葉付き大根]など。全部ひとつ100円。葱坊主が、今の時期しか出てない、珍しい一品。八百屋では先ず見かけない。油味噌にして食べる。(←実はこれ、ビールのつまみに最高なのだ)

 

 約2時間かけて、のんびり10km歩いた。

 

・娘の部活動に必要なスポーツ用品を買いに、都会の方へ家族で出かけた。帰りに10kgの米をスーパーで買ってきた。

 

何度も(敢えて自分を鼓舞するために)書いてしまうが、飲まないことの効用は、二日酔いで無駄になる一日が全くなくなるということだ。毎日すっきりした頭で行動できる。

 

酒に「酔う」ということの恐ろしさは、毎日のようにニュースに出てくる、酔った人の犯罪で、とてもよく分かる。

 

昨日のニュースでも、国家公務員の人が酒に酔って同僚の車を傷つけて逮捕されたという記事があった。この人、取調べに対して、「身に覚えがない」と言っているそうだ。もし、私であっても、「身に覚えがない」と言うだろう。泥酔すると、記憶が飛ぶから。

 

私はこれからも、↓↓↓これで生きてゆく!!!しつこいけど。

 

 

f:id:anomiyakun:20130428164857g:plain


 
 

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》