酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒がらみの事件から学ぶ(断酒104日目)

 毎日、必ずどこかに、酒がらみの事件が出ている。新聞の三面記事、週刊誌、インターネット上の各種WEBサイトなど、枚挙に暇がない。

 

 良く目にするのは、私のような50代男性の、飲酒運転。しかも、地位のある人が多い。驚くのは、本来取り締まる側である警察関係の人も、かなり頻度高く飲酒運転の報道に出てくるということ。何しろ、酒は、合法的に売れらているので、日本全国津々浦々、どこにいても、買える。しかも、コンビニの普及した今は、24時間入手可能の地域が多いのではなかろうか。

 

 ちょっと、気軽に車を止めて、缶ビールとか缶酎ハイを飲んでから、また運転とか。いつか、TVだったかネットだったか忘れたが、ドキュメンタリーのようなものを見たのだが、長距離トラックの運転手が出ていて、必ず飲んで運転すると言っていたので、かなり驚いた記憶がある。

 (追記:もちろん、長距離トラックの運転手さんは、運転中に酒など飲むわけがない。私が見たのは、ごく一部の常習的な人を取り上げたものだった)

 

 何年か前に福岡で3人の子供が亡くなった事故も、原因は、追突した相手の飲酒運転だった。この時は、子を持つ親として、痛ましさに涙が出た。

 

 もう一つ、交通関係で頻繁に起きているのは、鉄道における酔っ払い。駅員にからんだり、暴力を振るったりする行為が増えているという。

 

 酒を飲むと、その人の本来持っている理性がどこかへ飛んでしまう。まるで別の、粗野な人間に変身して、平常では考えもつかない行動をする。ほろ酔い程度ならさほど問題なかろうが、泥酔レベルに達すると、もはや手に負えない。

 

 私のように、寝てしまう人は、どこでも丸太のように転がって眠ってるだけなので、まだマシかもしれない。中には、アルコールによって、かなり攻撃的になる人もいる。この手の人は、怖い。文字通り、豹変するからだ。

 

 「酒さえ飲まなければ」という事例が、世の中には山のようにある。私は、これまで泥酔によって警察のやっかいになったことはないが、もし断酒していなかったら、なにかの事件を起こしていたかもしれないし。

 (何度か、深酒で泥酔し、電車の中で寝てしまい、財布など掏られて、交番へ届けに言った事はある。。。情け無い!)

 

 このトシになって、アルコールでトラブルを起こしたら、家庭も崩壊し、再起不能だったはずだ。事件を起こすだけでなく、アルコール依存症でも、同じ事だが。

 

 そういうわけで、

 

 断酒万歳!断酒ばんざーーーい!

 

 

f:id:anomiyakun:20130626202541j:plain

 

追記: そうそう。一番肝心なことを書かなければ。今日は、一度も飲酒欲求がなかった!断酒を開始してから、始めての経験だ。朝起きてから、ずっと、今、21時を回ったところだが、ビールやら酎ハイやらを飲みたいと、一度も思わなかった!

 

毎日毎日、飲酒欲求との格闘に嫌気がさしていたので、この爽やかな一日に感激している。

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》