酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

そっと手放す(断酒108日目・夜)

 断酒を開始した、今年3月の半ば以降、連日の飲酒欲求に悩まされつつ、闘ったり、なだめたり、他のものを飲んで誤魔化したり、酒を飲まない為に考えつくあらゆる手段を講じて、今日に至った。

 

 最近は、酒が近付いてきたら、そっと押しやる。私から酒を避けているので、あまり近寄ってこなくなったというのもある。

 

 他の表現だと。。。『そっと手放す』。。。かな

 

 例えば、タンポポの綿毛。ふっと吹くと、風に乗って大空へ飛んでゆく。或いは、笹舟。そっと川面に浮かべると、手からスッと、離れていき、川下の方へ流れて行く。

 

 こんなイメージで、酒が離れていく。

 

 昔、高校生の頃、数学で「ベクトル」というのを習ったが、自分に向かっている酒のベクトルの方向を、他の空間に向けてやる。

 

 ただ、タバコも酒も、習慣的に身体に入れていた頃の記憶が脳に残っているから、いつでも再開できてしまうところが怖い。自転車の乗り方をマスターすると、30年乗っていなくても、乗れてしまうのと同じか?


 アルコールを飲んで、酔うということを脳は覚えているから、もし飲酒を再開したら、断酒前より飲む量が増えるだろう。想像するだに、恐ろしい。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 今日、久しぶりに、3年前まで息子が所属していた小学校の野球チームの練習を見学に行った。当時の監督やコーチに挨拶。で、何故か酒の話になり、今年の正月に、彼らと飲んだときの私の酔態の話になった。

 

 頭を掻きつつ、その後の酒での失態なども自ら報告し、

 

 「私、酒やめたんですよ。3月半ばから飲んでません」

 

  と、最後にポロっと報告。

 

 えぇーーーっ!と、文字通り、目は丸く、口はあんぐり状態で、驚かれてしまった。それほど、私は大酒飲みという、印象が強かったようだ(笑)

 

 ※追記

 ブログを書いたあと、急用ができて、近隣の駅まで電車で出かけた。その帰り、始発駅を発車しようとする電車で、私より20歳は若い男性が、電車のドア近くに座り込み、ゆらゆらと身体を揺らし、時たま電車とホームとの隙間に嘔吐していた。目が、完全に別世界に行っている。近くにいた女性二人組の一人が、駅員を呼びに行った。間もなく到着した駅員は、その男性を電車から降ろし、声をかけていた。その電車は、男性の吐瀉物を掃除するので、発車が少し遅れた。

 

 最寄駅に着き、自宅へ向かっていると、私より15歳くらい上に見える男性が、千鳥足でふらふら歩いていたが、よろめいて、並んでいる自転車を倒しつつ、本人も知り餅をついて、ひっくり返った。思わず「大丈夫ですか?」と声を掛けたが、かなり酔っ払っているみたいで、「うー」としか聞き取れない返事だった。

 

 前者は、20年前の私、後者は、酒を飲み続けた場合の15年後の私だ。何かの暗示だったのだろうか。

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》