酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を嫌いになるイメージトレーニング(断酒123日目)

 昨夜は久しぶりに、風があり気温もちょっと低めで、過ごしやすい夜だった。

 

 昨日の暑い日中、自転車をキコキコ漕いで、エアコンの水漏れ対策に、サクションポンプというのをホームセンターから買ってきたのだが、使わなかった。

 

 休日の今日も、午前の涼しいこの時間にブログを書いている。

 

 そういえば、数年前の海の日の三連休は、初日に外で飲みすぎて、二日酔いどころか三日酔いで、貴重な3日間もの休みを、寝て過ごす体たらくだった。当たり前の事だが、断酒後は一切《二日酔い》は無い!今日も、頭は爽やかだ。断酒ばんざーい!

 

 さて、前の記事で、ター様から頂いたコメントに返信したことを、今日のテーマにしてみよう。

 

 ター様のおっしゃるとおり、依存している対象を嫌いになると、一気に今までの気持ちが冷める。私も、禁煙は成功した。何度もブログに書いたけれど、今は、タバコが大嫌い。自分の前に、歩きタバコをしている人がいると、臭くてたまらないので、一瞬ダッシュして、追い越すくらいだ。

 

 酒に関しては、断酒してからも、飲みたくてウズウズしている自分がイヤで、情けなくて、それでも飲まない、と頑張っていた。が、いつの頃からか、無意識のうちに、酒を嫌いになるように、自分を仕向けるようになった。

 

 特定の人間を、ムリに嫌いになれ、というわけではないから、気楽。特定の飲み物を嫌いになればいいのだから。しかも、私個人だけが、酒を嫌いになればいいだけなのだから。

 

 酒を嫌いになるということは、私にとってはメリットだらけ。その中でも一番の効用は、断酒の辛さが無くなるということ。『嫌いな飲み物を飲まないで我慢する』なんて心理は、絶対に存在しないわけだから。

 

 例えば、食べ物で言うと、納豆が嫌いな人が、『私は、納豆を食べたいのを今我慢していて、辛い』などということは、あり得ない。

 

 酒で言えば、元々飲まないし、酒など大嫌いのうちのかみさんが、『お酒を飲みたくてたまらないけど、我慢している』なんて、絶対にない。

 

 自分のことなのに、いつの頃から始めたのかは、はっきりとしないが、酒を嫌いになってしまうよう、イメージトレーニングを無意識のうちにしていたようだ。

 

 ター様のコメントにも書いたが、こんなイメージ。

 

 《どんな種類でも製法でも、酒は、色んな味、飲み口、色の中に、巧妙にアルコールを混ぜてある、人工的な飲み物だ。》

 《アルコール=吐き気》

 

 たったこれだけなのだが、かなり効果があるような気がする。コンビニやスーパーで酒の陳列棚が目に入っても、全ての酒を睨みつけ、十把一絡げに、これらは色んなお面をつけて飾っているけれど、所詮アルコールなんだ!とイメージしている。

 

 人生、好きになることが基本だと思うが、酒に関しては、嫌いになることが基本。

 

f:id:anomiyakun:20130715092430j:plain

 

 ←雲間からゆるゆると姿を見せ始めた太陽。

 

この日も、一日中、ギラギラ輝いていた。。。

 

 

 

最後に...まさか、適度に酒を飲める酒好きの人は、このブログを見てはいないと思うが、念のため...これは、アルコール依存の私が、断酒するために書いていることなので、酒を好きな人には不愉快でしょうけれど、無視して下さいね。

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》