酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

粋な別れ(断酒163日目)

 タイトルの『粋な別れ』で、石原裕次郎の歌がピンと閃いた人は、私より人生の先輩であろう。この歌、1967年に世に出たそうだが、まだ小学校入学前の私には記憶がない。私も大人になってから聴いた。

 

 若い人は、聴いた事のない歌だろうけれど、ちょっと物悲しくて、いい歌だ。youtubeで検索して、聴いてみてほしい。私には、メロディも歌詞も、酒との別れは、こんなイメージだった。

 

 断酒後に燃え盛り、徐々にその勢いを弱めつつ、それでもチロチロと燃えくすぶっていた飲酒欲求が、断酒満5カ月と1週間にして、消えたようだ。(完全消火かどうかは、定かではない。まだ、火ダネが残っているかもしれないが)

 

 31年間連れ添ってきたが、5か月と1週間別居してみたら、割りとあっさり別れることが出来たようだ。

 

 先日も、ちょっと書いたのだが、ブログ村のサブカテゴリー「禁酒・断酒」「アルコール依存症」「50代おやじ」の三つに登録していて、「禁酒・断酒」からのアクセスが一番多い。「酒ブログ」は、基本的に、酒を好む人のサブカテゴリーばかりなので、酒を飲まない・止めちゃう「禁酒・断酒」は、異端児的存在だ。

 

 それでも、このブログを読んで下さる方が多いのは、毎日酒を飲みつつも、本音は、止めたい、という思いの方々が、実は、沢山いるのだろうか。

 

 冒頭で紹介した、『粋な別れ』だが、歌詞の一番では、最後に、

 

 「泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ」

 

 歌詞の二番では、

 

 「追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ」

 

 と、粋な別れの場面を歌っている。

 

 私は、泣かないで、追わないで、酒との粋な別れが、やっとできたようだ。

f:id:anomiyakun:20130825070556j:plain

 

 但し、最近コメントを入れて下さった何人かの方が、そんな私に釘を刺すように、半年から10年以上も断酒を継続していても、スリップして、もとより飲酒量が増えたと、教えて下さった。

 

 いくら自分で、粋な別れをしたと思っていても、何らかのきっかけで、酒と縒りを戻すことがないとは、言えない、ということだ。飲みたくなくても、常に、酒に対しては、警戒を怠っては、ならない。

 

 酒との粋な別れが出来ると、happyな生活が待っていることだけは、確かである。私のは、まだ仮の別れかもしれないが、大げさすぎるくらい、生活がhappyになった。

 

 断酒に終わりはないから、ずっと途中なんだろう。言ってみれば、常時「断酒体験中」みたいなものかな。でも、それを自分の意志で続けるっていうところが、格好いい。

 

 おやじになっても、ひとつくらい、粋でいなせなところを、子供に見せてやるぜ。

 

 ・酒飲むおやじより、飲まないおやじのほうが、格好いい。

 ・二日酔いで寝てるおやじより、早起きしてスロージョギングしてるおやじのほうが、格好いい。

 ・飲み続けてお腹がぽっこりしたおやじより、断酒と運動でお腹がすっきりしたおやじのほうが、格好いい。

 

 酒やめた、と言ったら、本当にやめたんだい!

 だから、飲むのは、これだよ。麦茶。サイダー。コカ・コーラ。

 

----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

 午後、かみさんと、3年振りに、ある親戚の家を訪問。そこの人は、私を見るなり、

「ビールで、いいんでしょ?」

 暑い中、歩いたので、汗だくだったし。

 そこで、断酒した旨を説明して、麦茶を頂いた。おー爽やか!

 あと、西瓜も。これが、冷えていて、甘くてうまかった!

 断酒の話をしたら、案の定、目玉が飛び出さんばかりに、驚かれてしまった。あの、  酒好きの私が、酒をやめたということが、容易には、信じられなかったようだ。

----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》