酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒というマインドコントロール(断酒170日目)

 つい最近まで、洗脳とマインドコントロールは、同じことだと思っていたのだが、調べてみたら、違う。

 

 洗脳は、暴力的であり強制的な思想の改造方法だそうだ。様々な虐待を行い、その最中に、逆に優しくしてみたりして、ターゲットの思想を変えていくらしい。ただ、これは、改変された思想が元に戻るのも、割と早いし、簡単だという。

 マインドコントロールは、wikipediaによると、


 《
 マインドコントロール(英: Mind control)は、強制によらず、さも自分の意思で選択したかのように、あらかじめ決められた結論へと誘導する技術、またその行為のこと[1]。

 》

 

 マインドコントロールの場合、洗脳よりもずっとその効果が長く続くようだ。

 

f:id:anomiyakun:20130901035521j:plain

 飲酒も、さも自分の意思で選択したかのように、誘導されたのではないか。この場合、あらかじめ決められた結論とは、酒なしでは生きていけない人間を増やすこと。更に言えば、大人の多くを、酒に心を奪われた虜(とりこ)にすること。

 

 最近思うのは、どうも、飲酒という習慣は、巧妙に世の人々に刷り込みを図り、根付かせようと、企まれているのではないかということ。アルコールそのものの依存性はあるにしても、私のように、半年近く断っているのに、まだ飲みたい、というのは、何故だろう。

 

 そもそも「お酒は二十歳になってから」という、人口に膾炙しているフレーズも、うさんくさい。これ、裏から読むと、二十歳過ぎたら、アルコールを好きなだけ飲んでいいよ、ということだ。

 

f:id:anomiyakun:20130901040003j:plain

 酒は、大人が普通に飲む物という前提で作られたフレーズだろう。

 

 以前書いた、トライアングル。酒造メーカー、国、医療業界。これらは、酒が飲まれることによって、儲かる。それぞれ、売り上げ、税収、診療・製薬代金。

f:id:anomiyakun:20130901042722j:plain

 

 なるべく多くの大人が酒を飲む方が、いいわけだ。

 

f:id:anomiyakun:20130901040344j:plain

CMやポスターにしても、野放しで、幼児から高校生・大学生まで、酒を飲んではいけないが、将来の顧客である彼等に、今からやんわりと、酒を飲むようにマインドコントロールしているのではないか。

 

f:id:anomiyakun:20130901042255j:plain

 巷に流れる演歌の歌詞でも、苦しい時、悲しい時、淋しいとき、嬉しい時、といった、感情の変化があるときに、酒場や家で酒を飲むシーンが綴られている。これも、聴いていると、ほー、酒は、そういう時に飲むといいのか、と思ったりする。これも、マインドコントロールか。

 

 

実は、Twitterつながりで andrew @an__d_y さんから教えて頂いた興味深い2冊の本を、今日近くの図書館から借りてきたので、これから読んでみようと思っているのだが、読むだけで止められるという事は、マインドコントロールを解く、ということかな、と思って、本日の記事を認めた次第。

 

 因みに、2冊の本とは、アレン・カー著

 

 【読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー】

 【読むだけで絶対やめられる 禁酒セラピー】

 

  読後の感想は、明日か、明後日のブログで...

 

 私は、この本を読まずに、タバコも酒も、苦しんでやめたので、もし、読んで、なるほど!と思えば、私のブログを読んで下さっている皆さんには、是非にと、お勧めしたい。さて、内容や、如何に!?

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》