酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

失いし物は唯ひとつ(断酒194目)

 断酒を開始した頃、酒を飲まないことによって、友人・知人が離れていくのではないか、とか、行きつけの飲み屋での酔っ払いタイムが無くなるのは惜しいとか、いろんなものを失う不安があった。

 

 自分の心の中での七転八倒の飲酒への葛藤を経て、半年以上過ぎた今、酒を飲まないことによって、失った物には、何があるのだろうか、と問うてみた。

 

 タイトルに書いたが、断酒で、失った物は、たったひとつだ。それは...

 

 『飲酒機会』

 

 たったの、これだけを、失った。

 

 逆に、得た物は、数知れない。断酒の効用については、これまで、何度も書いてきたので、ここでは繰り返さないが。でも、ひとつ書きたい。

 

 アルコールを含んだ飲み物を身体に入れないので、当然の事ながら、「酔う」という現象が、絶対に起きない。これが、最大の効用だ。

 

 いつかも記事で書いたが、買う→飲む→酔う→醒める、をグルグル繰り返しているうちに、酒の量が増え、飲酒時間も長くなり、酒から離れられなくなり、中には、アルコール依存症へと進む人もいる。

 

 失う物はたったひとつなのに、得るものが数知れない、断酒。だが、こんな素晴らしいことなのに、積極的に自分以外の酒飲みに勧めても、全く意味がないのだ。多くの酒飲みは、聞く耳を持たないから。

 

 しかも、『節酒』ではダメで、必ず『断酒』でなければならない。これが、引っかかるのだろう。一生、酒を飲まないなんて、呼吸を止めろというのと同じだ!くらいに考えてしまう。

 

 断酒は、酒飲み本人が、自ら志すところから始まる。いくら周りがやいのやいのせきたてたところで、絶対に、やめるわけがない。これは、断言できる。

 

 ただ、怖いのは、本人が気づいたきっかけが、身体の異常のとき。酒によって引き起こされる様々な疾患が、重症化している場合がある。また、身体の異常でなくても、酒に酔って、なにかの事故を起こして、本人や他人が傷ついたとき。その後、酒をやめたところで、もう既に取り返しがつかない。

 

 酒をやめる気がない人は、アルコール依存症や、禁酒・断酒について調べるわけがないしねー。

 

 好きな飲み物に、実は心も身体も毎日少しずつ蝕まれているという、恐怖の現実。脳が徐々に萎縮しているかもしれないのになー。などと、街角や居酒屋や立ち飲みで、無分別にアルコール飲料を身体に流し込んでいる人を見かけるたびに、思う。

 

 今晩も、大量の酒が何十万人、何百万人の人の胃の腑に流れ込んでいる!なんとまー、凄まじい数の飲酒機会であることか!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》