酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

逆の立場(断酒196目)

 自分が酒を当たり前に飲んでいる時は、飲まない人が異常に見えた。

 

 「なんでこんなうまいものを飲まないんだ?飲むと気持ち良くなるのに、なぜ飲まないんだ?どこかおかしいんじゃないのか?」

 

 今、酒を全く飲まない側になって、周囲ののんべーを見渡すと、今度は、普通に当たり前に飲酒している人々が、異常に見える。

 

 「なんで酒をあんなに無分別に飲んでいるんだ?飲むと酔っ払うし脳にも身体にも良くないのに、なぜ飲んでるんだ?どこかおかしいんじゃないのか?」

 

 人間なんて、勝手なものだなー。

 

 そうそう、タバコでも、同じだ。喫煙していた頃は、吸わない人が、ヘンとまでは言わないが、良くタバコ吸わないで平気だな、などと思っていた。これは、かなりおかしな感覚だ。非喫煙者からしたら、タバコなんて、臭くて異様な煙でしかないのに。

 

 それが、自分が禁煙して暫く経ったとき、あー、吸わない人が正常なんだ、と思い直した。まー、こっちが当たり前の考え方だろう。

 

 酒をコントロールできない人間として、断酒し、酒(アルコール飲料)について、あれこれマイナスなことを書いているけれど、酒を飲んでいる人を嫌いなわけではない。きちんと適量を守って飲んでいる人のほうが多いと思うし。

 

 自分が、酒を飲む側に何十年も居て、半年前から飲まない側に移ったので、飲む側飲まない側両方の気持ちは分かる。

 

 酒を飲む人は、飲まない人のことを、酒を飲まない人は、飲む人のことを、それぞれ、お互い、逆の立場で考えてあげれば、いいのではないか。そうすれば、飲めない人に無理やり飲ませたりすることも、なくなるだろう。

 

 現実問題として、この世から酒が消えることは絶対に無い。だとしたら、自分がどういうスタンスで酒と向き合うかは、個人の考えだろう。私のように、根っから酒好きであっても、酒量をコントロールできない人間は、断酒する。決めた分量できっちり止めることが出来る人は、毎日飲んでも大丈夫だろう。

 

  結局、先日書いたことの繰り返しになるが、飲みたい人は飲めばいいし、飲みたくない人・飲めない人は、飲まなければいいし、飲みたいけれど飲んでしまうと問題行動を起こす人は、酒を断つしかないし。

 

 それぞれの人が、それぞれの酒に対する立場を尊重してあげればいいだけだと思う。

 

 ただ、飲めない人・飲まない人は、しらふだから、相手の立場を考えることは出来るけれど、飲む人は、アルコールで酔っ払うので、飲まない人の立場を考えること自体を忘却し、酒にコントロールされた頭で、飲めない人・飲まない人にからんだり、飲酒を強要したりしてしまうこともあるのだろうなあ。

 

 なんと厄介な飲み物であることか、酒よ。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》