酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

人生から《飲酒》を除外する(断酒215日目)

f:id:anomiyakun:20131015202701j:plain

 つい数日前の某有名人の飲酒事件が影響なんてことは、当ブログにはないと思うけれども、昨日、今日と、アクセス数が、いつもより多いようだ。どうしたのかな?

 

 酒を飲む人生と、飲まない人生と、どちらがhappyなのか自明の理である。私は、酒を沢山飲んで人生が満ち足りている、という人には会ったことがない。大体、大酒飲みには、お決まりの末路は有っても、幸せな未来は無い。

 

 今回の報道がきっかけで、酒を飲んで酔うことの危険性を認識し、俺も私も僕も自分も拙者も吾輩も、酒をやめよう!と思う方が劇的に増えるなら、これほどいいことはないのだが。。。

 

 rekoさんのコメントで、そのとおり!と感じたのは、今回の飲酒事件を起こされた方が、酒を飲み過ぎて、泥酔して起こした事件、というだけの報道で終わってしまっていること。この人が有名人だから、スキャンダルとして報道したり、新聞や週刊誌の記事にすれば、売れるものなー。

 

 しかし、本当は、もっと根本的なところ、酒を飲むとこんなことになるぞ、酒とはこんなに恐ろししい飲み物なんだぞ、という、酒害について、マスコミは報道して、人々を啓蒙しなければならないはず。酒に飲まれて事件を起こした、個人ばかり責めて、その基になった、酒そのもの、更に酒害については、マスコミはダンマリではないか。

 

 酒造メーカーがコワイのかな。

 

 さて、話題を変えて、これまで、酒を飲みたいとか飲みたくないとかの、つまり、念頭に飲酒欲求がある前提での、記事を色々と書いてきた。

 

 断酒も215日を迎えると、完全に、《飲酒》という行為を生活から除外しているので、飲酒欲求の有無は、もう、そんなに大きな問題では無くなった。

 

 上っ面だけの浮いた飲み会は、全部断っているので、最近では、誘われもしない。親しい方が誘ってくれる食事会または飲み会は、もちろん喜んで出席しているが、その頻度は極端に少ない。今までに二度だけ。

 

 今のところ、次回は、年末の忘年会。地元でお世話になっているスポーツジムのそれだけだ。子どもと出席する。食べ物も飲み物も、子どもと同じだ。

 

 で、本日の主張。毎度毎度、酒をやめよう!キャンペーンを私一人でやっているわけだが、今日も明日も毎日やるぞ~!今日は、《飲酒》の除外だ。

 

 人生から《飲酒》を除外しよう。たったそれだけで、よくある、酒に酔って○○を仕出かしたとか、酔った勢いで、アルコールハラスメントをしたとか、飲酒運転をして事故を起こした、等の危険な行為は、絶対に怒らない。原因となるアルコールを摂取しないのだから。

 

 人生から《飲酒》を除外しよう。朝から快適で、爽快な毎日が待っている。

 

f:id:anomiyakun:20131015202725j:plain

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》