酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒と癌・その2(断酒223日目)

 前回の記事では、単に体調不良の報告だけの短いものだったのに、沢山の励ましのコメントを頂き、とても嬉しい限り。この場を借りて、励まして下さった皆様、ありがとうございます!

 

f:id:anomiyakun:20131023201811j:plain

 やはり、酒を長期間抜いた身体は、不調からの復活も早いようだ。一晩よく眠ったら、今日は、ほぼいつもの自分に戻った!

 

 免疫機構がフル稼働したのかな?アルコール解毒から開放されて、いつでも元気な肝臓が、身体の他の部分と連携してくれたんだなー、と思うと、もっともっと、自分の身体を労ってやろうという気になるなあ。もう、解毒が必要な毒(アルコール)は入れないからね!

 

 さて、前々回の『飲酒と癌』の続き。

 

 厚生労働省の「e-ヘルスネット」には、アルコールが原因となる病気について、次のような情報が掲載されている。癌だけではないのだ。興味のある方は、厚生労働省の「e-ヘルスネット」サイトを隅から隅までご覧になると良い。

 -----------------------------------------------------------------------------------

 アルコールによる健康障害

    急性アルコール中毒
    アルコールと肝臓病
    アルコールとすい臓病
    アルコールと循環器疾患
    アルコールとメタボリックシンドローム
    アルコールとうつ、自殺
    アルコールと認知症
    アルコールと癌
    アルコールと歯科疾患
    アルコールの消化管への影響
    アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎
    アルコールと痛風
    アルコールと糖尿病
    アルコールと高脂血症

 -----------------------------------------------------------------------------------

 これらの詳細をひとつずつ読むと、身体全体について、飲酒が原因の様々の病気が発生するということが書いてある。

 

 上記の病気は、『適量』を超えた場合とのことだが、『適量』とは?同じサイトに、次の記載がある。

 -----------------------------------------------------------------------------------

 「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である。」
 『20gとは大体、ビール中ビン1本、日本酒1合、チュウハイ(7%)350mL缶1本、ウィスキーダブル1杯などに相当します。』
 -----------------------------------------------------------------------------------

 酒が好きな人間で、上記4種類の内の、どれかひとつ、例えば、ビール中ビン1本だけで満足して、それ以上飲まない人なんているのだろうか?『節度ある適度な飲酒』を毎晩続け、しかも、週に2日の休肝日を取る人って、酒飲みの何%いるのだろうか?私の場合、上記4種類を足しても、全然足りない。それ以上の量の酒を毎晩飲んでいた。もちろん、休肝日などナシだった。

 

 医療費が膨張して、問題になっているというが、癌を含めて、上記の病気が、適量を超えた飲酒で発生しているのではないか。また、長年適量以上の飲酒を続けた人が、健康な高齢者として余生を送っているとは思えない。過度の飲酒を続けて高齢者になった人々が、高齢者医療費を膨張させている要因のひとつではないのか。

 

 これは、端的に言えば、毒(酒=アルコール)を売って儲けても、その毒で患った国民の身体を治すために、別の毒(薬)を処方するから、カネが掛かるということだろう。

 (↑↑↑上は国から見た場合の表現。我々からの表現だと、毒(酒=アルコール)を買って損して、その毒を飲んで患った我々の身体を治すために、別の毒(薬)を処方してもらうので、更にカネが掛かるということ)

 国は、一旦税(酒税、消費税、法人税)として懐に入れてから、医療費として吐き出すので、まだいいが、国民は、酒を買うのに払い、病気になって医療費を払い、払ってばかりだ!売るだけ売って、何も払わないのは、酒造メーカーであり(法人税は払ってるか)、患った人からカネを頂くのは、医療業界だね。

 

 ここで、声を大にして言いたいのは、前々回の記事でも書いたが、WHO(世界保健機関)が、はっきりとアルコールの発癌性を認めているのに、何ら飲酒に関して抜本的な対策を取ることもしていないのは何故か、ということ。癌患者が増えているのに、その予防的措置を何故取らないのだろうか。

 

 もちろん、癌の増加の要因としては、アルコールだけでなく、空気汚染や、食品の汚染や、放射能、電磁波、ストレスその他いろいろあるだろう、が、ここでは、酒(アルコール)についてだけ、論じた。

 

f:id:anomiyakun:20131023201826j:plain

 

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 閑話休題:

 『酒は百薬の長』って良く言うし、私もこの言葉は、酒に対する褒め言葉だと、ず~と思っていた。でも、これは都合のいい言葉の一人歩きで、ちゃんと裏があるんだよ、ということをごまちゃんのブログで学んだ。是非、皆さんも!

 『お酒をやめて幸せになりましょう.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
酒は百薬の・・(断酒71日目)
』(←残念ながら、ブログ閉鎖でリンク切れ)

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 明日書きたいなーと思っている記事:

 コメント欄に、はるさんから頂いた内容について、コメントへの返信では書ききれないし、とても深い問題なので、私なりの考えを書いてみたいと思っている。家族の中にアルコール依存症の人がいる場合、その心労は、とてつもなく重く、苦しい。明確な処方箋は思い浮かばないけれど、書きたいことが沢山ある。今日は、その時間がないのと、既に他のことを書いたので、長くなってしまうし。。。明日!

----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》