酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

早朝の異変(断酒230日目)

 いつもは夜記事を書いて更新しているのだが、今朝の体験は、あまりにも強烈だったので、珍しく、すぐに記事をかいた。たまには、いいかな。

 

 もし、昨夜飲んで泥酔していたら、迅速に対応できただろうかと、日頃ここに書いていることの実証のような出来事が今朝起こった。

 

 一昨日から風邪で体調を崩していたかみさんが、早朝、トイレから寝室に戻る途中、私が見ている前で、身体をねじるように倒れた。断酒以来、いつも早起きの私は、走りに行くには、体調がいまひとつだなと、思っていたところだった。

 

 間一髪ではあったが、さっと寄り添い、かみさんの身体が床に着く前に、支えることが出来た。その一瞬、背筋が凍った。

 

 かみさんに何が起こったのか分からないので、「おい!○○さん!ママ!」と呼びかけたり、「救急車呼ばなきゃ!」なんて叫んだり、人手は多いほうがいいので、寝ている子どもたちを起こしたりして、大騒ぎだった。

 

 幸いにして、体調不良により碌に食事もしておらず、低血糖発作か、貧血だったようだ。スポーツ飲料を飲ませてから、息子と寝床へ運んだ。私と同じくらいの体格の息子は、力持ちなので、こういう時、助かる。娘には、横で添い寝して見守っていてもらった。

 

 一家を構えたら、家族を守る。これが、おやじの務め。こんなことに気づくのに、一家を構えてから、20年近くかかったわけだ。全く、自分の愚かさに腹が立つ。今まで、幸いにして、こういうアクシデントが無かっただけ。

 

 酒から離れたいと思う人への助言があるとするならば、ここまで書いてきたように、飲んで酔っ払っていたら、ここ一番、イザッ鎌倉ッ!て時に、迅速敏速に動けない上に、動いたところで、何の役にも立たないということを、肝に銘ずべし、ってことかな。

 

 世の中、何がいつ起こるか分からない。事故だったり、病気だったり、地震や津波などの天災だったり。身に降りかかる火の粉は払わねばならぬが、泥 酔していたら、己の身に、火の粉だろうと、熱湯だろうと、ナイフだろうと、毒ガスだろうと、降りかかっていることにすら気付かないだろう。

 

 飲んで酔っ払っている状態が如何に危険であるか。ここのところである。(←大好きな作家の池波正太郎風に書いてみた)

 

 ====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

 少し落ち着いてから、(おぉー!さっきかみさんを救った体勢は、先日観た映画の『shall we ダンス?』で、男はどんなことがあっても、パートナーの女性を守るっていうシーンにそっくりだな)と思った。

 ====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

 

 今朝の騒動のあと、息子が撮影した、雲と太陽の写真。

f:id:anomiyakun:20131030084742j:plain

雲の切れ目から、太陽が輝く

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》