酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

君は飲むのかオレはやめたぞ(断酒242日目)

 何度か友人・知人に断酒の効用を説き、勧めてみたが、イヤな顔をされるのが落ちだった(笑)

 

 やめたほうがいいのは当たり前と、他人に断酒を勧めるのは、丸で自分が信じ込んでハマっている新興宗教を押し付けるようなものだな、と、私は、悟った。

 

 そういえば、アレン・カー氏の『禁酒セラピー』にも、他人に断酒を勧めてはいけない、との記述があったな。
 

 それは、そうだ。断酒とは、本人が気付き、求めて、始めるものであり、他人が強要するものではないし、例え誰から勧められようとも、大好きな飲酒をやめるわけが、ないもの!

 

 隣に浴びるように飲んでいる人がいたって、例えその人が配偶者であろうとも、酒を取り上げることなど、出来ないし、しても、無意味だ。飲んでいる本人にしてみれば、余計なお世話であり、要らぬお節介なのだ。

 

 「オレは(ワタシは)酒が大好きで飲んでいるんだ、傍からうるさいことを言うんじゃねー(言わないでよ)!」て、ところだろうね。

 

 こと、断酒に関しては、複数人数で取り掛かるものではなく、ある日、一個人が、何らかの理由で、自発的に、または、仕方なく始めるものだ。自発的の方は、長続きする脈があるが、仕方なく、のほうは、断酒の理由(入院など)が無くなると、再飲酒に走る可能性が高い。

 

 のんべーの友人・知人とたまに会い、居酒屋へ入るときもあるが、その時、暫く会っていなかった人には、必ず聞かれる。

 

 「あれ?なんで飲まないの?酒やめたってーっ?なんで?どうして?

 

 ん~。それほど、断酒とは、稀な行為なのだろうか。たぶん、稀なのだろう。タバコをやめた知人は多いが、酒をやめたという友人・知人は、私の周囲には、今のところ一人もいない。恐らく、タバコの有害性は認めても、酒のそれは認識すらしていないのだろう。

 

 

 

 

 

 こんなにもいいことなのに、酒からもタバコからも解脱して、狂い水と臭い煙を体内に入れずに過ごすことが出来る精神的自由は、ちょっとやそっとでは理解してもらえないようだ。

 

 なので、私は、もう、誰にも断酒は勧めない。こんなにもメリットだらけで、失うものは何もない、断酒という素晴らしい世界だが、私一人で満喫しようと思っている。

 

 断酒!ん~!いいねー!最高だよ!まー、これ、完全に自己満足だけれど、いいのだいいのだ、これでいいのだ!

 

----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@

 夕日の沈むころ、西の方角の山並みを撮影している時、確かにキラキラ光る物体が見え、星にしては明るすぎるな、と、もう一度確認したら、消えていた。なんだったのかなー?気になる。

f:id:anomiyakun:20131111173502j:plain

 数十秒後、消えてた。

f:id:anomiyakun:20131111173519j:plain

----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@----@

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》