酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

放下著《ほうげじゃく》(断酒244日目)

 放下著と書いて、ほうげじゃく、と読む。私の好きな、禅語のひとつ。

 

 簡単に言うと、何もかも、全部捨ててしまえ!という意味だ。

 

 この禅語のルーツは、昔の中国の禅宗の偉いお坊さん・趙州(じょうしゅう)和尚の話だそうだ。
 あるとき、かなりのレベルに達した禅の修行者が趙州和尚に、

「私は長い間の修行の成果で、煩悩妄想を断ち、自己本来の仏性を体得して無一物の境地になりました。これから先の、修行はどうしたらいいのでしょうか」と、問うた。
 すると趙州和尚が答えた。「放下著」と。

 

 私は、禅の修行者ではないが、断酒の修行者として、この話を考えてみた。

 

 たぶん、断酒に置き換えると、

 「自分はもう、酒を断って何年も経ち、もはや酒など不要だし、酒のことなど考えることもしない。さて、この先、断酒はどうしたらいいのでしょうか」と、問うのであろう。

 この問に対しても、趙州和尚は「放下著」と、答えるのだろう。

 

 たぶん趙州和尚は、『断酒など、大したことではなく、子供を見てみれば、酒など飲んでいないぞ。これまでの悪習慣の飲酒を断っているからといって、それが、なんだ!その思いすら捨ててしまえ!』と言うのではないか。

 

 軽い、重いはあるにせよ、アルコール依存症に一度でも陥った人は、再飲酒すると、すぐ元の依存症者に戻る。それは、あっという間であり、丸で光速を越えてワープしたかのようだという。しかも、以前より飲酒の量が増えることが多いらしい。私も、たまにある飲酒欲求に負けて、もし飲んでしまったら、たぶんアルコールに侵された脳が、これまで断酒してた分まで飲んでやれ!と、断酒前の飲酒量を遥かに越えそうな感じがする。

 

 つまり、断酒しているという考えがあるうちは、まだまだ酒に囚われているのであり、一番の理想的なのは、全ての思いを捨て去り、酒など知らぬ生まれたままの自分の姿になれ、ということだろう。

 

 さて、私のような凡夫は、あの世に行くまでに、そのような境地に到達出来るのだろうか。まー、そんなことを考えてみても詮ない話なので、私に出来ることは、これから先も、命ある限り、ず~~~っと、酒を飲まない、と言うことだけである。

 

 結局、まだまだ、酒を意識していることに違いはない。一度取り憑かれたら、一生ものなのかな、酒という悪魔は。

 

 魔が差しそうになったら、カーーーーーッ!と、自分で自分に喝を入れよう。

 

 ----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

f:id:anomiyakun:20131113194638j:plain

 

 ここ最近、急に寒くなり、朝の冷え込みにビビって、起きるのが辛い。

 

 朝のJOGをサボることが、ちょっぴり増えてきた。。。

 

 今朝は、行ってきたが、やっぱり、どんなに寒くても、身体の中から温まるし、朝の空気が気持ちいい。

f:id:anomiyakun:20131113194652j:plain

 ----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》