酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まなくても生きている(断酒281日目)

 当たり前のことだが、この年末に、私はまだ生きている。

 

f:id:anomiyakun:20131220181555j:plain

 今でこそ、当たり前と言えるが、断酒を決意した日の悲壮感は、この先、酒なしで生きてけるのだろうか、というくらいのレベルだった。人生の終わりのような感じで、禁煙のときよりも、深刻だった。

 

 禁煙は、何度も繰り返した(以前も書いたが最短3日、最長2年の記録がある)ので、どんなものかは、身体が知っていたが、30年以上飲み続けた酒を断つ『断酒』は、未経験だったから。

 

f:id:anomiyakun:20131220181610j:plain

どなたかのコメントだったか、tweetだったか、すぐには思い出せないが、

 『酒はなくても生きていけるけど、愛がないと生きていけない』

という一文が、とても心に響いて、ずっと頭の中に残っている。

 

 愛は、自己愛、自分が誰かを愛すること、自分が誰かに愛されること、人ばかりでなく、生き物、モノ、自然を愛すること、それらから愛されること、目に見えなくても人間が生きていく上で、衣食住と同じく必要なもの。

 

 酒は、大人になったら飲める大人の飲み物だよって、子供の頃から世間に刷り込まれ、めでたく成人した頃、さー飲め!やれ飲め、と周囲の大人やマスコミから煽られ、飲み始め、最初の1杯目はうまいとも思わないのに、気付けば、当たり前に飲むようになっているが、人が生きていく上では不要で有害なもの。

f:id:anomiyakun:20131220181624j:plain

 

 人も動物も植物も、こちらが愛せば、必ずそれが通じ、向こうも愛を返してくれるが、酒をいくらこよなく愛しても、返してくれるのは、不快感、吐き気、二日酔い、それらが高じてのアルコール依存症だ。ここの所に気付くのに、私は31年も掛かってしまった。

 

 愛の効果は無限だが、酒のそれは有限だ。愛は何でも包み込み癒やしてくれるが、酒は体内にアルコールがある間だけ、偽りの癒やしモドキをくれるだけ。愛にはなくて酒にあるもの。それはアルコールの重大な副作用(主作用かな?)。

 

 年末を迎え、こんなにも穏やかな酒なしの生活をしている自分がいるなどと、今年の初めには想像すらしていなかった。今年は、人生が激変した一年だったな~。

f:id:anomiyakun:20131220181638j:plain

  ↑などと余裕をこいていて、大晦日までの間に、再飲酒してしまったら、正月の双六と同じで、振り出しに戻る、ってこと。これが、回復はしても治癒はしないという、アルコール依存症のコワイところだ。

 

 もう暫く(いつまでかな?)ブログのチカラを利用させて頂くしかないなー。実はブログで、やれ酒は有害だの、生きるに必要ないだのと吠えている自分とは裏腹に、本当に我ながら情けないが、年末のこの時期、妙に酒が飲みたい

 

 真夏の頃の、渇いた喉へ入れたい炭酸系のアルコール飲料の魔力ではなく、寒い中、赤提灯&縄のれんを潜って、もつやきとか鍋をつつきながら熱燗とか焼酎お湯割りをやりたいなー、という気分。酔いたいんだな。

f:id:anomiyakun:20131220181649j:plain

 

 しかし、ここが、踏ん張りどころだ。飲むのは、簡単。飲まないことに意義がある。今から飲めば、一瞬で酒量は飲んでいた頃に戻り、明日は頭ガンガン吐き通しの後悔の日になるのが分かっている。

 

 毎度おなじみの交通標語のパクリの断酒標語で締めくくろう。

 「注意一秒酒一升」
 危ない危ない!

 

※薔薇の花言葉が「愛」ということで、今日のバラの画像は、『薔薇の写真館』というサイトからお借りした。ここでお礼を!ありがとうございました!

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》