酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒への心は変えられる(断酒291日目)

 昨日の忘年会を振り返り、やっぱり飲んだくれの自分が、酒をやめ続けて、変化したのだと、実感した。

 

 実体験なので、こうして語ることが出来る。家では普段、酒類は置いてないので、自分の目の前に並んだビール等を久しぶりに見た。飲んでいる人達は、実に幸福そうな顔をして、次から次へと好みの酒を追加注文していた。

 

 私と息子は、セルフサービスのソフトドリンクだ。瓶入りのコーラ等を取りに行くか、ピッチャーに入っているウーロン茶を、自分で注ぐ。だが、これにも良いことがあり、酒と違って誰も追加で注ぐことはないので、自分の欲しい量だけ飲める。飲み過ぎると言うことがない。

 

 変わったのは、外見でもないし、身体の中身でもない。心だ。飲まない日を、一日一日積み重ねることにより、自分で自分を酒から解放することが出来る。囚われていた自分が、自由になる。

 

 この、酒への変心には、自分でも、驚いている。ただ、これ、春から夏、夏から秋、秋から冬と、ずーっと、やめ続けてこその成果だろう。

 

 大好きな酒を断った直後というのは、ヘンな例えだが、思い切り息を吸い込んでから、鼻をつまんで、水中に潜って、息を止めているような感覚がした。自分に必要な空気が吸えない、というのと同じで、自分に必要なアルコールを身体に入れることが出来ない、このままでは死んでしまう、というような感じ。

 

 人それぞれのやり方、方法、手段を工夫して、「酒を飲まない」の一点集中主義である期間過ごすことができれば、心は変わる、変えられる。酒への心が変わると、楽になる。酒から解放されている自分に気付くと、嬉しくなる。

 

 但し、酒への心が変わっても、自分の酒の飲み方や酔い方は何も変わっていないので、魔が差して飲んでしまったら、一気に、それこそあっという間に、元の飲酒常用者に戻る。これだけは油断ならない。断酒は一生もの。

 

----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

 話は昨夜の忘年会に戻る。tweetした内容とだぶるが。。。禁煙者は意外に多かった。そこで、のんべーかつ、禁煙した人、何人かに、「禁煙できたんだったら、酒もやめちゃえば?」と、聞いて回った。

 

 面白いことに、答えは、みんな同じ(笑)

 

 『酒やめちゃったら、楽しみが無くなるよ。タバコはやめても、酒はやめない!』

 

 かつての私もまったく同じ意見だった。酒は人生の最大の楽しみ。これをやめることなど、考えられなかった。でも、今飲んでいないが、人生は酒を飲んでいた頃より数段楽しい。

 

 何故今のほうが楽しいのか?その答えは、実に簡単で単純なのだ。

 

 私にとっての酒は、人生の楽しみではなく、苦しみの原因だったから。

 

----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#----#

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》