酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒者 < 禁煙者(断酒301日目)

 酒を長年飲んでいた人がやめる。長年喫煙していた人が禁煙する。どちらが多いのか。一概には言えないだろうが。。。

 

 『断酒者 < 禁煙者』(←酒やめる人のほうが断然少ないだろう)

 

 同じ嗜好品で、かつ中毒性がありながら、酒と煙草、やめた人の数が、全然違う。なぜ、禁煙する人は多いのに、断酒する人は少ないのか?

 

 こんな疑問は、飲んでいた頃の私は、考えたことすらなかった。ただ、私も煙草を先にやめた。しかも酒をやめる気は、毛頭なかった。
 

 先日のnobuさんへのコメント返信にも書いたが、私の知っている人の中で、禁煙した人は沢山いるのだが、断酒したという人は、一人もいない。本当に、一人もいないのだ。(知り合った時に既に断酒していた人はいる。但しこの人は、病気が原因で、ドクターストップにによる断酒だ)

 

 禁酒や節酒を試みた人は何人か知っているが、お察しの通り、継続中の人は、いない。

 

 禁煙は、本人に健康障害が現れてやめる人より、マスコミや行政の、煙草を悪者扱いする情報に反応して始める人が多いように思う。一番は、肺がんになるという警告かな。

 

 断酒は、問題飲酒やアルコール依存の酒害が現れ、その原因は、アルコールを含む酒という飲料であることを、本人が最終的に渋々認めるところから始まる。本当は、煙草の害のように、マスコミや国が大々的に酒害を知らせてくれればいいのにねー。

 

 今や、煙草の害は、小学校の廊下の壁にもポスターが貼ってあるくらいポピュラーだ。あの、真っ黒の肺の写真が、喫煙の害として、当たり前のように頭に入っているようで、我が家の子供たちも、口を揃えて、煙草はコワイと言う。

(しかし、何かの本で読んだし、ネットで調べてもすぐに出てくるが、実は、あの肺の写真は、嘘っぱちらしい。。。黒く着色したという話も聞いたことがある。。。この件の真偽は、私には分からないが)

 

 酒の害は、煙草ほどには叫ばれない。ここが不思議なところだ。nobuさんが後から入れてくれたコメントにもあったが、酒害で失われる国家的損失の莫大なことを鑑みても、やっぱり、おかしい。

 

 過度のアルコール摂取が人体に及ぼす悪影響は、ここでくどくどと書かぬが、あらゆる臓器(血管や皮膚まで含めて)に及ぶ。司令塔たる脳に及んだとき、一つは物理的に、脳が委縮する。もう一つは、精神的に、アルコールなしでは生きて行かれない、アルコール中毒(依存症)という病気。

 

 実は、煙草に含まれるニコチンより、酒に含まれるアルコールの方が、それへの依存度・依存性は強力で、麻薬のヘロイン並なのだそうだ。これで、私を含め、酒と煙草両方やっている人の殆どが、とちらかをやめるとき、煙草を選ぶ理由が分かった。

 

 ということで、『断酒者 < 禁煙者』の謎は、解けた(かな?)

 

 (現在の私の、酒と煙草の無い生活は、かつての自分を思うと、夢のように感じられる)

 

 ※追記

 「ヘロインを毎晩やってます」、というのと、「酒を毎晩酔うまで飲んでます」、というのが、実は行為としては同等だということを、一体飲酒者の内の何%の人が知っているのかなー。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》