酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

どうせなるなら断酒依存症!(断酒304日目)

 たった一行のコメントに、目からウロコの言葉がキラリと輝きを放っていた。

 

 それは、夜空にピカっと現れ、スーッと長い尾を引いて消えてゆく流星のような言葉である。

 

 ブログ読者のスエヒロさんが、昨日の記事に書いて下さったコメント。

 

 『のみすけさんへ 一言! 私もすっかり断酒依存症⁉です!』

 

 世の中に様々な依存症あれど、これほど素晴らしい依存症は、他にないのではないか、と、すぐにブログに書かせて頂こうと思った。

 

 アルコール依存症があるなら、その逆だって、あっていい。自分にも、家族にも、他人にも、有益な依存症の、断酒依存症。

 

 『私、断酒に依存しているので、酒は飲まないんです』

 

 なんて、へそ曲がりで素敵な依存症なんだろう!なんだか、赤塚不二夫のギャグ漫画の世界のようで、とっても気に入ってしまった。

 

 『ワシは断酒依存症なのだ!だから酒は飲まないのだ!これでいいのだ!反対の賛成なのだ!』

 

 な~んて感じでどうでしょうかね。

 

 話は変わって、ごまちゃんへの返信コメントに書いた、宿主を操る寄生虫の件。

 

 この寄生虫、以前、何かの本で読んだことがあり、気になっていたのだが、調べてみると、何種類もいる。中でも、カタツムリに寄生する、ロイコクロリディウムという奴は、かなり不気味だ。

 

 鳥の糞に卵が含まれ、葉っぱについたのを食べたカタツムリの中で成虫になり、カタツムリの目玉に移動する。本当は暗がりでしか行動しないカタツムリが、この虫に寄生されると、鳥に見つかりやすい、明るいところをうろつくようになる。そして、目玉の中で動くこの虫の姿が、鳥の好きな芋虫そっくりなのだそうだ。で、カタツムリの目玉を鳥が食べ、鳥の中でその虫が卵を産み、その糞が。。。と、循環するのだそうだ。

 

 グロいが、かなり珍妙で面白い映像なので、興味ある方は、youtubeでご覧になるといい。

 

 なぜ、こんなことを書いたかと言うと、アルコール依存症という病が、アルコールに寄生されて、それを飲まずにはいられないようにコントロールされているように見えるから。一度罹ると、最早、自分の意志では、この悪循環から抜け出すのがとっても難しいのも、ある種、アルコールに寄生されているようなものだろう。

 

 そんな観点から、アルコール依存症というものを考えてみると、少しでも酒を飲んでしまったら、またアルコールに寄生されてしまい、飲まずにはいられないようにコントロールされてしまう、という恐ろしい世界が待っているのだ。

 

 ここで、前半と後半をくっつけて、結論を。

 

 どうせなるなら、断酒依存症になろう。誘惑にまけてふらっと、一滴でも口に酒を入れると、あっという間にアルコール寄生虫が入り込み、酒を飲み続けるようにコントロールされてしまうよ!

 

----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 最後に、爽やかな柑橘系の写真を!朝寒すぎてジョグに行けず、日中かみさんと1時間半ばかり、買い物がてらウオーキングしていたとき、目についた。

 晴れ渡った冬空の下、空気も冷えて、引き締まり、そんな中で、この鮮やかな色を見ると、もうあのドロドロした飲酒の世界には戻りたくないなと、しみじみ思った。

f:id:anomiyakun:20140112182503j:plain
f:id:anomiyakun:20140112182513j:plain

----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》