酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

『大麻ヒステリー』読書感想文(断酒317日目)

 『大麻ヒステリー 思考停止になる日本人(武田邦彦著)[光文社新書]』

 

 たまたま、DVDを借りようと立ち寄った図書館の、何かの特集コーナーに置いてあった、新書。

 

 常識って、へん。大麻と聞けば、眉をひそめる人が殆どだろう。私もそうだった。が、実際のところは、大麻よりアルコールのほうが人体に害があるのだ。

 

 えぇー!本当に?という感じがするのは当然。

 

 なのに、大麻は、特別な法律まで作られ、規制されているのに、アルコールは、未成年者は飲んじゃダメ、という法律があるだけで、あとは野放し。

 

 アルコールは擁護され、大麻は厳しく罰せられる。一体、大麻とアルコール、どちらが甚大な損害の原因になっているのか、科学的に証明されてのことなのか。という内容が、事細かに検証されている。

 

 この本で知ったのは、あの有名なアメリカの禁酒法だが、実は、酒を飲んではいけない、というものではなく、酒の、輸入・製造・移動・販売が禁止されていたものだということ。しかも、その対象の酒は、ウィスキーだったそうだ。ビールやワインなどは、彼らにとっては水代わりなので、対象にはならなかったようだ。

 

 

 で、ま、ざっくり書くと、禁酒法が廃止されたことにより、禁酒法施行時代の捜査員が大量に余ってしまい、彼らの再就職先を何とかしようと、大麻課税法というのを作り、そちらの捜査に振り向けたようだ。

 

 大麻禁止法ではなく、大麻課税法。つまり、大麻を扱ってもいいですよ、でも、その場合、法外な税金を支払ってね、という法律。実際には、大麻を扱うために、その税金を納めた人はいなかったと。

 

 日本の大麻取締法は、戦後、アメリカに押し付けられて成立した。実際、日本は、古くから大麻を、繊維やその実を食料として、2千年もの間有効に利用してきた。それに、日本に自生している大麻は、その麻薬成分であるカンナビノールの含有量がとても少なく、殆ど問題ない品種なのだそうだ。

 

 依存性の点についても、ヘロイン、コカイン、アルコール、ニコチン、大麻などについて、WHO、アメリカ国立薬物研究所による調査結果の比較表が載っているが、大麻が一番大人しく、寧ろアルコールのほうが、ヘロインなどに近い依存性を持っていることが分かる。

 

 その他にも、興味深いことが沢山書かれているが、長くなるので、この辺にしておく。

 

 ただ、これだけは書きたい。実は、科学的にその麻薬性や依存性が証明されていない大麻が、法律まで作られて厳しく取り締まられているのに対して、十二分に科学的にその有害性が証明されているアルコールが野放しという、この矛盾。

 

 この本の副題にあるように、多くの人は思考停止状態で飲酒しているのではないか。

 

 私は、酒をやめて、停止していた思考が復活し、こういったことを考える時間が出来た。ただ飲みたいから、飲むと気持ちがいいから、というだけの理由で、毎日のように思考停止状態で大酒を飲んでいた過去を考えると、忸怩たる思いに駆られる。

 

f:id:anomiyakun:20140125200939j:plain
昼頃、散歩先で咲いていた蝋梅(かみさんがiPHONEで撮影)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》