酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

不飲酒の快適さを伝えたい(断酒359日目)

 飲まない生活に慣れて来た今、酒と訣別した日の、あの悲しさ・辛さは、一体何だったんだろう、と思う。

 

 『時が解決する』という言葉があるが、断酒も、それに当てはまる。私は、断酒4日目から、とにかく一日飲まない、そしたらブログを更新する、というルールで、今日まで来たわけだが、何が変わったのだろう。

 

 自分自身が、変わった。時間を掛けて、変わった。

 

 この、日常生活のどこにも酒が登場しないということの快適さを、どう表現したらいいのだろうか。今までブログに色々書いてきたのと重複するが、敢えて書いてみたい。

 

 酒に費やしていたカネと時間が、全て別のことに使える。また、酔うことに起因する、あらゆる危険が排除された。これも、大きい。エタノールの身体への負担も無くなった。血圧が改善され、肝臓が元気になった。

 

 私が酒を飲んでいようと、やめようと、相変わらず世の中は、 のんべー天国である。そんな中で、酒を飲まない側に立つと、飲酒の滑稽さがよく分かる。かつての自分がそこかしこに散見されるからだ。のんべーの心理が手に取るように分かるからだ。

 

 とにかく、酒は飲まないに越したことはない。適正飲酒出来ていようといまいと、飲まないほうが人生には良い。これは、私の勝手な考えなので、反対と言われても、そうですか、としか言えないので、悪しからず。

 

 昨日書いた、逮捕された大阪の先生は、毎日きちんと自分の仕事をこなしていたそうだ。それが、たまたま飲み会で酔うまで酒を飲み、エタノールによって麻酔を掛けられた頭で、あのような行為に及んでしまった。

 

 一体、何のための酒だったのか。そう考えると、そもそも適正飲酒とか過飲酒とか言う前に、酒を飲まなければ、世の中のかなりの不祥事が防げるのではないか。一時的に陽気になるために飲むとか、気分をよくするために飲むとか、酒にそういう薬効を期待する事自体、既に危険な兆候が漂っている。

 

 不飲酒は、快適である。不飲酒は、常に爽やかである。このことを、酒を飲んでいる全ての人に伝えたい。

 

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 出先でいくつか写真を撮った。梅、その他。

f:id:anomiyakun:20140308220633j:plain

f:id:anomiyakun:20140308220648j:plain

f:id:anomiyakun:20140308220706j:plain

f:id:anomiyakun:20140308220725j:plain

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》