酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒のリスクとリターン(断酒360日目)

 よく、投資の世界で言われている、リスク管理。

 

 リスクを取らなければリターンは無い、とか、リスキーなことはするな、とも聞く。

 

 当たり前の話だが、リターンが欲しかったら、リスクを取る必要があり、その程度に応じて、リターンも違ってくる。曰く、幾つかの例を挙げるなら。。。

 

 ノーリスク・ノーリターン・・・リスクを取らないなら、リターンもないよ。

 (何もしなければ、何も得られない。三年寝太郎か!?)

 ローリスク・ローリターン・・・リスクちょっぴりなら、リターンもちょっぴり。

 (銀行の普通預金かな?)

 ハイリスク・ハイリターン・・・全てを失うリスクもあるが、うまく行けば、リターンもでかいぞ。

 (投機の世界だろう)

 

 さて、酒がらみのリスクとリターンについて。

 

 ノーリスク・ハイリターン・・・断酒のこと。酒をやめることにリスクはゼロ。でも、そのリターンたるや、数えきれないほどだ。

 (以前、『shall we ダンシュ ?(断酒225日目)』という記事でちょっぴり触れた)

 ハイリスク・マイナスリターン・・・飲酒のこと。

 (世間の酒絡みの事件を鑑みれば、エタノール摂取はかなりのハイリスクと言えるし、カネは出て行く、時間も失う、挙句の果ては、信用も失うことがある)

 

 うまく行けば、飲酒は、ハイリスクに対して、ローリターンか、ミドルリターンくらいは期待できるが、常に、マイナスリターンの危険性を孕んでいる。これだけは確かなことだ。 

 

 もうひとつ、投資の世界で重要なことは、《損切り》。簡単に言うと、自分の思う方向へと値が動かなかったら、損失が小さい内に確定させてしまい、それ以上軍資金を減らさないようにということ。

 

 飲酒は投資ではないが、《損切り》としての《断酒》は有りだと思う。飲酒に何を求めるか、人によって違うだろうが、その習慣が、人生を自分の望まない方向へと運んでいることに気づいたならば、躊躇せず、断酒という《損切り》をする必要がある。

 

 自分の思いとは違う方向とは、身体が病む、精神が病む、家族に迷惑が掛かっている、というような状態だ。つまり、程度の差はあれど、アルコール依存症へと進みつつあるならば、即《損切り》あるのみ、ということ。

 

 などと書いているが、30年以上も飲み続けてた末に断酒した私は、ダラダラと下がり続ける株を持ち続けたようなものだなー。

 

 まだまだ、大丈夫、何とかなりそうだ、と、損をした株を持ち続けることを、株の塩漬けと言う。減酒や節酒は、それに相当するかも。これ(飲む回数を減らす、飲む量を減らす)を試みても、成功する人は、恐らくいない。万が一、いるとしたら、文字通り、のんべー1万人につき、1人くらいだろう、きっと。

 

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 午後、かみさんと近所を散歩した。河津桜が、三分咲きくらいだった。

f:id:anomiyakun:20140309193755j:plain

f:id:anomiyakun:20140309193812j:plain

↓↓↓これは、梅。偶然、雀と月が写った。

f:id:anomiyakun:20140309193822j:plain

f:id:anomiyakun:20140309193837j:plain

↑↑↑ちょっと拡大。雀の胴体しか写ってないけど、さてどこにいるでしょう?月も、枝にくっついているように見える。

 

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----! 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》