酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

気づく→やめる→続ける(断酒364日目)

 振り返れば呆気なく、しかし、その道程にある時は、先も見えず苦しく、ただ酒を飲まないだけの日々は、過ぎた。

 

 気づく→やめる→続ける

 

 断酒から不飲酒へと変化した、この一年(まだ、一日残ってるけど)。気づく→やめる、は、初日だけ。残り363日は、最後の、《やめ続ける》を続けてきた。

 

 ホップ(気づく)、ステップ(やめる)、ジャンプ(続ける)と言いたいところだが、最後は、ジャンプじゃない。ホップ、ステップ、エンドレスってところかな。厳密には人生の終わりがあるので、エンドレスではないが。

 

 気づく:自分は、飲酒をコントロール出来ないことに、気づく(認める)。

 ↓

 やめる:スッパリ、断つ。

 ↓

 続ける:一日、又一日、飲まない日を続ける。

 

 上記のような流れで、ここまで来たが、巷でよく言われている『断捨離』が、酒にも当てはまる。酒を断ち、飲酒習慣を捨て、酒から離れる。

 

 因みに、昨年の6月頃書いた記事『断酒と断捨離(断酒92日目)』では、

 断:入ってくる不要な酒を断つ
 捨:家にある不要な酒を捨てる
 離:酒への執着心を捨てて自由になる

と表現していた。今は、

 断:酒を断つ
 捨:飲酒習慣を捨てる
 離:酒から離れる

という感じ。あっさりしたかな。

 

 気づく。先ず、気づくこと。本人が気づかないと、意味が無い。家族が気づいて、あれこれ言ったところで、本人が気づかなければ、否認するだけ。

 

 やめる。気づいても、やめない人もいる。実は、そういう人のほうが多いのかな。分かっていても、認めたくないという心理が働くのかも。どんな方法や手段でもいいから、断酒を試みよう、という意志が本人にあれば、前進する。

 

 続ける。これが一番困難を極める。一日、二日、三日、と、この辺りがかなり苦しい。それを乗り越えても、暫くは苦しい。私は、100日越えた辺りで少し楽になり、半年くらいでかなり板に付いてきて、300日くらいでほぼ飲酒欲求が気にならなくなった。

 

 明日でやっと、丸一年を迎える。

 

 ちょっと話はそれて、今日Twitterで、マハトマ・ガンジーの、とても素晴らしい言葉が目についたので、ここに記す。

 

 Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学びなさい。
  明日死ぬかのように生きなさい。)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》