酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

未成年者に害あるならば(断酒1年55日目)

 今日、移動中の駅の構内で、未成年者飲酒禁止の、ばかでかいポスターを見つけた。

f:id:anomiyakun:20140508154833j:plain

 

 実際は、上の写真が左半分、下の写真が右半分、更に真ん中には、「STOP! 未成年者飲酒」の文言が、例の手のマークの中に、書かれていた。あまりにも横長の巨大なポスターなので、私のカメラでは、うまいこと一枚に入らなかった。

 

f:id:anomiyakun:20140508154853j:plain

 

 上の写真の、字の小さなところを拡大すると、こんなことが書いてある。

f:id:anomiyakun:20140508154915j:plain

 

 これだと、未成年者の人だけ注意してね!二十歳過ぎた大人は大丈夫なんだよ!もうしばらく辛抱してねって、成人してからの飲酒に太鼓判を押しているように受け取れるけど。。。

 

 この文言をちょっと変えてみよう。

 《未成年者》を《アルコール依存症者》に差し替えただけ。

 

 「実は、アルコール依存症者飲酒のほとんどは自宅で起きている。

 家庭で、脳萎縮や内臓への障害って大事件だよ。」

 

 未成年者飲酒禁止法という法律に基づいて、ダメだよって、警告しているんだろうけれど、説得力が無いな、全然。だって、気付いたのは私だけなのか、通り過ぎる人々は、壁の柄とすら認識していないようだったし。
 

 未成年者にこんなにも害あるならば、「未」の取れた成年である大人にだって害があるはずだ。でも、ここのところが欠落している。そりゃそうだ。大人にはガブガブ飲んでもらわないと、商売が成り立たないものなあ。

 

 ところで、煙草にも、未成年者喫煙禁止法というのがあるけれど、

「おタバコは二十歳になってから」とか

「STOP!未成年者喫煙」とか

のポスターは見たことないな。

 

 酒は積極的に売るけれど、タバコはかなり控え目で消極的な販売だ。この酒とタバコ、両者の違いが、実に不思議。

 

 我が家では、『STOP!未成年者飲酒』ではなくて、

 

子供には、『DON'T START! 飲酒』ということで、何歳になろうと、酒は飲み始めるな!

 

オヤジには、『KEEP! 断酒!』ということで、今の断酒をずっと継続しろ!

 

である。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》