酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

この朝を迎えるために!(断酒1年69日目)

 ここ数日、久しぶりの飲酒欲求に襲われて、少々ビビってしまった。

 

 飲むことは、飲まないことより、実に簡単である。ほんの束の間だけれども、脳内が別世界へトリップして、快楽も堪能出来るぞ、と、誘惑の悪魔が、私を捕捉しようとした。

 

 けれども、昨日の朝も、今朝も、布団の中で目覚め、前日の夕方から就寝するまでを思い出し、

(あ~、やっぱり、飲んでないと、いつも、この朝を迎えられるんだな)

と、染み染みと思った。

 

 前日を後悔しない朝。

 頭が痛くない朝。

 吐き気のしない朝。

 喉の乾いていない朝。

 自分の布団で目覚める朝。

 起床後すぐに行動できる朝。

 

 朝は一日の始まり。すっきり目覚めると、その日が晴れだろうと雨だろうと、自分の思い通りに一日の行動が出来る。

 

 大袈裟だが、この朝を迎える為に、一日酒を飲まないんだな~と言うことかも知れない。 

 

 酔い醒めの朝を迎えると、既にその日は、朝から酒に支配されていて、碌な日にならない。これは、私の経験から、100%確実なこと。

 

 酒を断ってからの私は、家の中で一番早く起きて、米を研ぐ。家族の朝ご飯と弁当用の米だ。炊飯器のセットをしたら、同時に沸かしておいた白湯を飲みつつ、皿も洗う。これらのことは、私が飲んだくれの頃は、全部かみさんがやっていた。

 

  (酒を飲んでひっくり返っているだけで、何もしなかったかつての自分。それでも、かみさんは、何も言わず、色んな事をしてくれていた。大酒を飲む問題おやじの世話を、酒を一滴も飲まないかみさんがしてくれていた。あの頃、かみさんの手は荒れてガサガサだった。まことに申し訳ない。今は、私の手が荒れている)

 

 そして、ちょっとパソコンを立ち上げ、ニュースを見たり、ブログのコメントを見たりする。雨が降っていなければ、大体5時過ぎから、スロージョギングに出掛ける。散歩している老人より遅いくらいのスピードで、のんびり1時間くらい。汗は出るが、全然キツくない。

 

 この朝を迎えるために、酒は飲まないんだ。

 朝が爽やかだと、一日快適に過ごせる。

 明日も、早起きして、日の出を見るぞ。
 

 と、そんなわけで、私の夜は、早い。22時には、寝ている。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》