酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ないと不幸?なくても幸せ?(断酒1年88日目)

 今日の関東地方は、晴れ間も出て、かなり蒸し暑かった。

 

 88日目ということで、並びの数字の丸1年前の今日はどんな感じだったのか、読み返したら、《『飲み放題』の魔力(断酒88日目)》ということで、チェーン系の居酒屋でよくある、飲み放題について書いていた。

 

 この頃は、まだまだ飲酒に未練たらたらで、街を歩くと、そこここに見かける「飲み放題○○○円」という看板が気になって仕方がなかった。蒸し暑い中、このプランだと、生ビールを先ず3杯くらい空けて、それから酎ハイとかレモンサワーを3杯くらいの後は、冷酒か、とかね。

 

 さて、今日の心境は・・・?

 

 一年前と比べても、別人だ。波はあるにしても、今日は夕凪のような穏やかな気持ちだった。全然炭酸系のアルコール飲料など浮かびもしなかった。移動中に、ビールのどでかいポスターは何枚も見かけたが、ほぼ無反応だった。自分の飲み物ではないから。

 

 昼は知人と某ファミリーレストランのランチ(¥500)+フリードリンク(¥108)で、1時間半ばかり話し込んだ。たったの108円追加するだけで、コーラその他の炭酸飲料と、コーヒー、紅茶などが飲み放題だった。

 

 ソフトドリンクは、飲み放題と言ったところで、飲む量は高が知れている。酒類ほどは飲めない。私が飲んだのは、炭酸飲料3杯とコーヒー2杯かな。どれだけ飲んだところで、酒と違って、これらの飲み物は酔うことは絶対にない。
 

 酒に限らず、タバコでも、パチンコでも、麻薬でも、依存してしまうもの、これをAとする。そもそも、Aがないと、幸せ感や高揚感を感じられないという状態とは、実は不幸なのではないだろうか。依拠するものが何もない、手放しで幸せ、というのが、本物だろう。

 

 但し、人は誰でも、幸せとは反対に位置するものを何かしら抱えている。自分や家族の病気だったり、借金だったり、対人関係やら家族関係とか、仕事の悩みだったり、色々だ。生まれてからこの方、人生すべて順風満帆などという人は、いないだろう。

 

 そんな日々にあって、一日が終わろうとする夕暮れ、酒に有り付くときの、あのわくわくする気持ちは、何とも言えない。今でも、あの感覚は、とても鮮明に思い出す。酒を飲むと、瞬く間に今日有ったイヤなことやツラいことを忘れ、暫し別世界へ行くことができるから。

 

 上で、依存してしまうものをAとしたが、これらAは、深みにハマると、その種類に応じて、身体が壊れる、家庭が壊れる、カネが無くなる、逮捕される、等々、当初は楽しみであり幸せ感や高揚感をもたらしてくれたAが、ある日手の平を反して、真逆の不幸のどん底へと誘うのだ。Aは、最初から最後まで全く同じAであるのに。

 

 酒そのものは、昔も今も、そこにあるだけ。エタノールの入った液体に過ぎない。それを飲む人間が、良し悪しを左右する。

 

 あなたは、どちらだろうか?

 

 酒がないと、不幸。酒があれば、幸せ。

 

 酒があると、不幸。酒がないと、幸せ。


 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》