酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

“飲酒文化”野放しの理由(断酒1年151日目)

f:id:anomiyakun:20140812194753j:plain

 酒とタバコ。なぜ、タバコばかり一方的に悪者扱いされているのか。

 

 別にタバコを擁護する積もりは無くて、酒の方が、その害による国家的損失は遥かに大きいのに、何ら対策が取られていない。

 

 これは、酒を断って、飲酒礼賛とは全くの反対側へ回ってから、ずっと抱き続けていた素朴な疑問だ。

 

 今日、たまたま、小説家・丸山健二先生のtweetを見ていたら、数々の辛辣な直言の中で、私がかねてから疑問に思っていた、このことの答えがあった。

 

 =======↓↓↓ 丸山健二 @maruyamakenji  ・  7月22日=======
 浮薄な世潮を放置しておくことは、体制側に身を置く者にとっては甚だ好都合であり、つまり、権力に抗うエネルギーを逸らすことに役立つからで、従って、いつの時代であっても、国民の馬鹿さ加減を大いに歓迎し、また、それを助長させるように仕向け、しまいには文化のレッテルを貼ってやったりする。
 =======↑↑↑ 丸山健二 @maruyamakenji  ・  7月22日=======

 

 あー、これだ!

 

 国民が野放図に酒を飲むことを放置しているように見えるのは、体制側に身を置く者にとっては甚だ好都合だということなのだ。確かに、酒でも飲ませておけば、権力に抗うエネルギーを逸らすことに大いに役立つだろう。

 

 これだけ、飲酒問題が日常茶飯事のように様々な形で表面化しているが、その解決に国が本腰を入れる気配は、更々ない。丸山先生のtweetにあるように、いつの時代でも、国民の馬鹿さ加減を大いに歓迎し、また、それを助長させるように仕向け、しまいには、飲酒文化にレッテルを貼ってやっているのだろう。

f:id:anomiyakun:20140812194828j:plain

 飲酒と言う習慣から子供たちを遠ざけるような教育が、先ずない。タバコは、肺がんの写真を載せたポスターが、学校の廊下に貼ってあったりするし、保健の時間にその人体への害について学ぶようだが。

 

 飲酒に対する国の姿勢は、こんな感じかな。

 

 『先ず、二十歳前の君たちは、酒を飲んではいけません。でも、二十歳になったら、大いに飲んで、国家に貢献して下さい。それで、病気になったら、医者に行けばよろしい。』

 

 先般成立し施行された《アルコール健康障害対策基本法》は、こんなの作ってみたよ、というポーズとしか思えない。ただの飾りのような気がする。成立・施行前と、今と、世の中、何も変わっていない。

 

 飲まなくなって日々感じているのは、人工的に合成された酒という薬物を毎日のように飲んで、酔っ払っているだけで良かったのだろうか(←過去の私)、いいのだろうか(←今飲んでいる人)と、言うことだ。

 

 そういえば、権力に抗うエネルギーなどと言うものは、全然感じない。飲んで気持ちよくなっている分には、この平和な日本と言う国家に何も疑問を感じないのかもしれない。

 

 これこそが、為政者の望むところなのかもしれないなー。

 

 だがこれも、行き過ぎてアルコール依存症へと進むと、恐ろしいことに、権力への迎合も抵抗も、そんな高尚な事柄は頭からスッポ抜け、酒に抗うことが出来なくなり、ひたすら酒のみを求めるようになるのだ。もはや、大人の人間としては機能しておらず、アルコールに支配された人生があるのみ。

 

 そんなわけで、酒をやめると、こんなことまで考えるようになる。飲み続けてアルコール性認知症になるよりは、断ってクリアな頭でこんなことを考えていたほうが、後々も、爺さんになっても呆けずに生きられそうで、実に愉快だ(笑)

f:id:anomiyakun:20140812194809j:plain

 鴨の母子の写真は、先日たまたま見かけた時に、コンパクトデジカメで撮影したもの。ピンボケだなぁ。でも、お母さんにくっついてひょこひょこ泳ぐ子供たちの姿が、とても可愛かった。

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》