酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

天災・人災・酒災(断酒1年162日目)

 『酒災』というのは、私が造語した。

 

 『天災は忘れた頃にやってくる』という言葉は、寺田寅彦が嚆矢だそうだ。

 

 これで言うなら、『酒災とは気づいた時点で手遅れだ』、だろうか。

 

 そして、

天災は避けがたく、人災によって拡大し、酒災によって壊滅を見る

というのを、私が作ってみたが、どうだろう。

 

 意味するところは、地震、津波、洪水、落雷などの天災は、ある日突然人を襲うので、避けることは難しい。が、予め住む所とか、避難手順とか、防災の準備などにより、ある程度軽減できる。しかし、日頃何もしていなければ、被害は更に拡大する。ここまでが人災。更に、酒災が加わると、目も当てられない。なぜかと言うと、いつ襲われるか分からないのに、いざという時に酔っ払っていたら、判断も行動も出来ないからである。

 

 酒は災いである。酒は災いの元。

 

 ===========================================

 kotobankデジタル大辞泉より 

 災い【ワザワイ】

 1 人に不幸をもたらす物事。また、その結果である不幸な出来事。災厄。災難。「口は―の元」「―が振りかかる」
 2 不快であること。多く、感動表現に用いる。「あな―や、かばかりの事をだにしそこなひ給ふよ」〈大鏡・伊尹〉

 ===========================================

 

 『酒害(しゅがい)』という言葉にプラスして、『酒災(しゅさい)』という言葉もあった方が良い。

 

 世の中、酒で幸福になっているだろうか。もしそうであれば、酒絡みの明るいニュースでほんわか・ほっこりすることだろう。でも現実は全く逆で、酒は不幸・災厄・災難をもたらし、不快であることの原因となる事の方が多い。連日の酒絡みの事件・事故の報道を見ればよく分かる。

 

 因みに…つい今しがた、このブログを書いている時の、yahooのトップニュース。

 

『酔った父 包丁で子供の指切る』

 

 こんな酒絡みのニュースが日常茶飯事である。父親に指を切られた子にとっては、間違いなく、『酒害』であり『酒災』である。このように、酒は本人の頭の中だけでは完結せず、第三者に害を及ぼす。酒は害であり、災いである。

 

 私やかみさんの周囲にも、酒飲みの知人・友人が大勢いる。それらの人々からは、酒絡みの失敗談や不健康になって医者通いという話はよく聞く。が、酒を飲んでいて良かったとか、健康になったとかの、ポジティブな情報はひとつも耳に入ったことがない。

 

 何年、何十年、何百年に一度くる天災により甚大な被害を被ることがある。

 

 酒も同じだが、その被害の現れ方が、一時にではなく、常にあちこちで起きているので、その大きさに気付かないのだ。酒の被害(病気・事件・事故)を全て足せば、その大きさが、天災のそれとさして変わらぬことが分かるであろう。

 

 富士山がそろそろ噴火すると言われている。

 

 関東大震災クラスの地震が首都圏を襲うと言われている。

 

 南海トラフ地震が来ると言われている。

 

 その他、いつ何時、我と我が身を災いが襲うのか、分からない。いざという時に、シラフの人と、酔っ払っている人と、どちらが的確な判断と行動をすることが出来るだろうか。

 

 片や、しらふ。寝ていてもすぐに飛び起き、動く。我と我が身だけでなく、家族も救うことが出来る。

 

 こなた、酔っ払い。ぐでんぐでんに酔っ払い、寝ているだけで、災いに気付きもせず、そのままあの世へGO!自分だけでなく、家族をも巻き添えにしてしまう。

 

 こうして、24時間しらふでいるだけのことが、防災のためにはベストである。

 

 今日のラストは、ここ数日、早朝のスロージョギングに出かける前に、我が家のベランダから撮影した、昇る朝日。早起きした人がもらえるプレゼント。

f:id:anomiyakun:20140823190924j:plain

f:id:anomiyakun:20140823190954j:plain

f:id:anomiyakun:20140823191008j:plain

f:id:anomiyakun:20140823191021j:plain

f:id:anomiyakun:20140823191038j:plain

 明け染める東の空と、中天に浮かぶ三日月。

 

 お知らせ:「コメントを書く」をクリックしても、反応しないことがあるそうです。もし、そういう方がおられましたら、お手数ですが、shallwedanshuアットマークyahoo.co.jp (アットマークを@に変えて下さいね) まで、一報いただけますでしょうか。はてなブログに問い合わせてみます。

 

追記:テツさんからメールでコメントを頂いたので、ここに掲載。(まだ、上記お知らせの現象については、未解決のため)

 

=====↓↓↓テツさんからのコメント=====

『酒災とは気づいた時点で手遅れだ』
その通りです。
さらに、『酒害』も『酒災』も体験している私。

しかしです。まだ手遅れとは思っていません。
もしかして脳萎縮していても、断酒さえしていれば、死ぬようなことはないと思っています。

ちなみに、『酔った父 包丁で子供の指切る』。
最低×100です。どうやら子供は、指切断とまではいかなかったので不幸中の幸いですが、普通のシラフでできる行為ではないと思われます。

やはり酒は麻薬であり、「毒入り飲料」です。

私も今朝、車で山に行き、朝日を見てきました。
普通の状態で朝日を眺めることができる。
すばらしいことですよね!

=====↑↑↑テツさんからのコメント=====

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》