酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒と漢方薬(断酒1年204日目)

 《断酒と漢方薬》と言っても、アル中・アルコール依存症に効く漢方薬があるということではない。

 

 酒を断ってから、飲まない日々が普通になり、酒を飲まないことの効果を実感するのには、とても時間がかかる。と言うことと、慢性の病気に対して服用する漢方薬の効き目に、共通点を見たのだ。

 

 具体的には、1年半という、期間の共通点である。私は、現在酒を断ってから丸1年半を過ぎて、1年7ヶ月目に入った。娘のアトピー性皮膚炎に対して、漢方薬が効いて、その炎症がほぼ無くなるまで、服用を開始してから、丸1年半かかった。

 

 では、その顛末と、断酒との共通点について・・・

 

 私の娘は、かつて酷いアトピー性皮膚炎だった。患部は赤く爛れてしまい、始終膿がじくじく出ている状態で、親が見ていても、とても正視出来ない。夜は痒くて眠れない。掻くと余計に酷くなる。

 

 そんな夜も、のんだくれ親父は、娘の隣でいびきを掻いて寝ていたのだ!本当に申し訳ないm(_"_)m.......orz.......と、謝罪はこの辺りにしておき、漢方薬の話に戻ろう。

 

 皮膚科の医者には、何年も通った。最初に診てもらった医者ではあまりよくならず、医者を変えた。そしたら、見る見る内に良くなって、驚いたのだが、後から調べたらステロイド剤が効いただけであった。暫くすると、患部は更に酷くなり、また医者を変えた。

 

 結局、3軒の医者に4年以上通い、全然治る気配が無く、お手上げ状態だった。代われるものなら自分が代わってやりたい、と、私もかみさんも思っていたことは確かである。親心というものは、自分が人の親になって始めて分かるものである。

 

 私もかみさんもただ手をこまねいていた訳ではなく、どうしたものか、ネットで調べたり、人に聞いたり必死だった。その結果、アトピー性皮膚炎は、西洋医学では、根本的には治らないということが分かった。ではどうしたらいいのか。更に調べると、実に怪しい食品、療法、薬もどきなどの情報が沢山あった。そんな中で、これなら縋ることが出来る、と思わせたのが、漢方薬だった。

 

 灯台下暗しとは良く言ったもので、近所にその漢方薬専門店はあった。娘を伴い、相談してみると、40代後半くらいの男性の薬剤師は穏やかではあるが自信のある声で言った。

 

 「時間はかかりますが、必ず治りますよ」

 

 娘の症状に合わせて、色んな漢方薬を調合してくれた。毎月の薬代は、約1万円かかった。保険が効かないので、仕方ないが、出費としては大きかった。

 

 頭痛薬とか下痢止めならば、飲めばすぐに効くが、アトピー皮膚炎に対する漢方薬は、飲んで数日とか数週間では効果があるのかどうかさえ分からない。数ヶ月経っても、分からなかった。しかし、もう残された方法は無いので、薬剤師の言葉を信じて、娘には飲み続けてもらった。

 

 で、結局どうなったのか?

 

 結論から言うと、飲み始めてから1年半後、娘の患部は見違えるように、すっかり綺麗になり、あの惨たらしくジュクジュクしていた部分が、乾き、ツルツルに近い状態に回復してきて、そこで漢方薬を中断した。今では、あの夜中に痒くて眠れなかったのがウソのようである。

 

 と、ここまで漢方薬の効果を長々と書いてきたのには理由がある。

 

 断酒は、漢方薬を飲むのとは違い、それまで飲んでいた《薬(エタノール)》を断つ行為だ。飲んでいたのを飲まなくする。アル中・アルコール依存症という病気から回復するためには、不可欠の方法である。

 

 漢方薬と同じなのは、時間がかかるということ。とても、2〜3日では効き目が出ない。数週間でも、効き目よりも、酒を飲みたくてたまらないという病態の方が強いだろう。数ヶ月すると、ほんの少し効き目が現れてくる。

 

 この、ほんの少しの効き目に気付くところまで来れるか、どうか。この辺りがポイントだと思う。

 

 あれ!?なんか違うな。

 

 こんな感じ。朝が爽やか、とか。身体が軽い、とか。今日は酒のこと忘れてた、とか。

 

 私は医師でも薬剤師でもないので、症状を診断したり、処方箋を出したり、薬を調合したり、そんなことは一切出来ないし、したら処罰されてしまうが、ひとつだけ自信を持って言えることがある。

 

 「時間はかかりますが、必ず回復しますよ」

 

 これは、自分が実際に歩んで来た道なので、言えるのだ。先ほどの娘のアトピー性皮膚炎への漢方薬の効果と同じ文章で綴ってみよう。

 

「結論から言うと、断ち始めてから1年半後、私の脳内は見違えるように、すっかり綺麗になり、あの惨たらしくジュクジュクしていた思考が、乾き、ツルツルに近い状態に回復してきて、そこで断酒を中断しない!(←ここだけ違う!)今では、あの夜中に飲みたくて眠れなかったのがウソのようである。」

 

 漢方薬は、毎日決められた時間に、薬剤師の調合した値の張る薬を長期間飲む必要がある。

 

 それに比べて、断酒は…毎日することと言ったら、酒を飲まない、たったこれだけ。しかもかかっていた金が、一切かからなくなる。もちろん酔っ払う時間も無くなるので、他のことに有効に使える。

 

 最後にもう一度、自信を持って同じことを繰り返す!

 

 「時間はかかりますが、必ず回復しますよ」

 

 

 ------------------------------------------------------------

 ※もしアトピー性皮膚炎でお悩みの方がこの記事をご覧になったのでしたら・・・

 漢方薬は、試してみる価値があると思います。但し、実績のある、漢方専門の薬局をお勧めします。漢方薬は、患者の症状をきちんと診て、その人に合う薬を調合できる経験と腕を持つ薬剤師でないと、効果を発揮しません。うまくすると、時間とお金は掛かりますが、かなり症状は改善されると思います。

 ------------------------------------------------------------

 

 

ラスト・・・またまた歌が浮かんだ・・・

 

「アル中は 飲むも飲まぬも 地獄なり 断てばその先 天国の待つ」

「飲みたくも 歯を食いしばり 空を見る ここで踏ん張る 我の人生」

「何度でも チャレンジOK 断酒道 諦めぬ人 成功が待つ」

「目に入る 色とりどりの 酒たちも もはや我には 不要なりけり」

「寝ても酒 覚めても酒の 生活の どこにあるのか 我の人生」

「酒やめて! 酔っ払ったら パパじゃない 幼き我が子 頬に涙す」

「今断つか 好機到来 思い立つ さらばじゃ酒よ! 永遠(とわ)に訣別」

 

写真は、今朝方野菜を買いに行った時に咲いていた、コスモス畑!

f:id:anomiyakun:20141004185127j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185140j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185316j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185328j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185344j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185357j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185409j:plain

f:id:anomiyakun:20141004185420j:plain

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》