酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒のない世界を空想してみる(断酒1年258日目)

 空想とは、現実にはあり得ないことを想像すること。

 

 酒のない世界は、どう考えても現代のこの地球上では考えられないので、想像力を駆使して頭の中に描いてみる。

 

 ここでの空想は、国がアルコールを禁じた状態とは違う。その場合、必ず闇の世界では存在するからである。

 

 どちらかというと、多元宇宙論にあるような、似ているけれど違う、別の宇宙のイメージである。

 

 (あ!その世界では、このブログも存在しないわけである・・・が、まー、それは置いておく)

 

 さて、それはどんな世界だろう・・・

 

 ・酒屋がない。

 ・飲み屋(居酒屋、バー、スナック、その他)がない。

 ・コンビニやスーパーの飲料の陳列棚に酒がない。

 ・飲食店のメニューに酒がない。

 ・飲酒運転が存在しない。(別の薬物による運転はあるだろう)

 ・勤め帰りにちょっと一杯、がない。

 ・終電で酔っ払って寝ている人がいない。

 ・朝の道路に酔っ払いの吐瀉物がない。

 ・家庭での夕食は和気あいあいと家族で食べる。

 ・テレビから酒のCMは流れない。

 ・二日酔いがない。

 ・飲酒が原因の病気がない。 

 ・酔っ払いが一人もいない。

 ・アルコール依存症患者がいない。(別の薬物依存患者はいるだろう)

 ・アル中に悩まされる家族がいない。

 ・個人も国家も酒で失われる経済的損失がない。

 ・酒の空き缶などのゴミが出ない。

 (↓↓↓今日歩いていたら、こんな光景に出くわした。レジ袋の空き缶は、ハイボールのロング缶だった...喫煙しながら、2本飲み干したようだ)

f:id:anomiyakun:20141127181155j:plain

 

 おもしろいことに、酒のない世界は、人間にとって何の不都合もないどころか、とってもからっとして明るい世の中ではないか!

 

 酒を飲んで酔うと、精神状態がローギヤから、トップギヤに切り替わり、ハイになる。適正飲酒であろうと問題飲酒であろうと、これは同じこと。その状態を味わいたくて、人は酒を飲むわけだ。

 

 子供の頃は、ある意味、ここで空想したような酒のない世界で生きていたわけである。大人になって、勝手に酒のある世界に足を踏み入れてしまったというところだ。
 

 酒のない世界を空想してみると、何だかワクワクしてくるのはなぜだろう???

 

 今晩辺り、夢の中で、酒のない世界を探検してみたいなあ。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》