酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒には免罪符が付いているのか(断酒1年264日目)

 《地下鉄三宮駅:兵庫県警警部がホームから転落、死亡…神戸

 (毎日新聞 2014年11月29日 12時12分)》

 

 見出しだけで、この警部が酒を飲んでいたのだろうと、みなさんは想像し、本文を読んでみて、やっぱり、と思うのではなかろうか。私も、この短い見出しだけで、酔って転落したのだろうと推測した。以下、本文。

 

 『28日午後9時40分ごろ、神戸市中央区の市営地下鉄三宮駅で、兵庫県警兵庫署生活安全2課長の和久純三警部(59)がホームから転落、谷上発西神中央行き下り電車(6両)にはねられ死亡した。和久警部は直前まで飲酒していたといい、生田署は事故の可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、和久警部はホームから前のめりに転落した。和久警部は同日午後6時すぎに退庁し、知人ら数人と酒を飲んで帰宅途中だった。地下鉄西神・山手線の上下20本以上が一部運休し、約9000人に影響が出た。』

 

 「酒を飲んで帰宅途中と言う事は、酔っ払っていたのか、やっぱりね!それじゃぁ、仕方ないね!」と、こんな感じで、報道も、読んだ私たちの心の中も、それで辻褄が合い、幕引きで終わりではないだろうか。人がひとり亡くなっているのに!

 

 これが例えば、この警部は下戸で酒は飲めず、退庁後に飲んだものが、最近売り出された《○△×》という飲料だったとしたら、どうだろう。マスコミも国民も《○△×》一色で上を下への大騒ぎになるはずだ。

 

 どこで造られて、原料は何で、どんな加工をして、どんな流通ルートで、全国のどの店でどれだけ販売されて、何万人の人が飲んだんだ?他に身体に影響が出た人はいないのか?メーカーは自主回収でてんやわんや...と、こんな感じだろう。

 

 ちょうど1年前の今頃にも、こんなポスターを見つけたので、ブログに記事を書いたことがある。《2013年12月9日『酒を飲み過ぎた人は気をつけるだろうか?(断酒270日目)』》

f:id:anomiyakun:20131209133627j:plain

 えーと・・・「お酒を飲み過ぎた日は、気をつけて。」・・・この言葉は、一見なるほどと思うが、良く考えると、ヘンである。何がヘンかと言うと、酒を飲み過ぎてしまうと、自分がどこを歩いているのか、何が危険か、分からなくなってしまうので、飲んだ本人は気をつけようがないのである。

 

 電車に乗る人の命を守るための言葉は、「危険なので、電車を利用する方は、お酒を飲まないで下さい。」と、これが正解だろう。
 

 どこにでも売っていて、当たり前に飲める、国が許可している飲料を飲んで、それが原因で、一番大事な「命」を失う、と言う事の異常性を、私たちはもっと認識すべきである。

 

 『飲むのは自由ですが、命を失うかもしれません。自己責任で飲んで下さい。酒は責任を取りません』←あらゆる酒に、危険性を謳うとしたら、こんな感じだろうか。

 

 酒と言う飲み物には、免罪符が付いているようだ。迂闊に飲んで命を落としても、それは自己責任なのである。

 

 「あ〜、酔って○○しちゃったのか、しょうがないね!」

 

 これで、命までもが、片付けられてしまうのである。命を失った人は、楽しく飲んでいる内に、いつの間にか、「ほろ酔い」から「酩酊」に、酔いの状態が遷移していることに気付かない。

 

 1.決めた量でピタリ!とやめる。

 2.ほろ酔いでピタリ!とやめる。

 3.決めた時間でピタリ!とやめる。

 

 このどれかが出来る人は、大丈夫。私は、1.も、2.も、3.も守れなかった。飲酒量に切りがなく、ほろ酔いはあっと言う間に通過し、飲んでいる時間はダラダラと止め処なく長かった。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》