酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ピッチャーは制球力、のんべーは制酒力(断酒1年266日目)

 昨日(2014年12月4日)の記事にコメントを頂いたノーコン投手さんとのやりとりで、野球のピッチャーの「制球力」から、酒をコントロールする「制酒力」と言う、私には欠けている能力を表す言葉が生まれたので、それを書いてみたい。

 

 辞書によれば、「制球力」とは、

野球で、投手が思い通りにボールを投げる能力。コントロール。

使用例:「A投手は、抜群の―が持ち味だ」

 

 これを「制酒力」に当てはめれば、

飲酒で、飲み手が思い通りにアルコールを飲む能力。コントロール。

使用例:「のんべーのAさんは、抜群の―があるので、いつもほろ酔いでピタリとやめる」

 

 私にも「制酒力」があれば、のんべーのままで居られたのだろうか。

 

 野球の世界を見ても、ポジションに関係なく全ての選手が、加齢と共に段々と衰えて来て、やがて引退する。投手も、加齢と共に、かつてのようなスピードと制球力を失う。

 

 飲酒も全く同じで、飲み始めた頃は備えていた筈の「制酒力」が、徐々に衰え、気づいたらアルコール依存症になっていた、という人が多いのかもしれない。もちろん、「制酒力」を保ち、適量の飲酒で幸福に一生を終える方も大勢いることだろうけれど。

 

 欲しくたって、自分に無いものは、仕方ない、と、諦めるのが一番だ。酒を制するのではなくて、酒に制されてしまうのが、アルコール依存症なのでネ。尤も、私はそれを逆手にとって、酒を大嫌いになる『酒の悪口療法』が効いて、今では、飲みたくない。

 

 酒を飲まないのが当たり前の生活になったので、私には「制酒力」は不要である。野球の投手も、引退すれば「制球力」は不要であるのと同じ。

 

 ところで話変わって、今日の午後の出来事だが...

 

 15時過ぎに乗った電車で、私は座れずに立っていた。するとすぐに、プーンと、アルコール臭がしてきた。ん?と見回したら、近くに座ってる60代くらいのおっさんが、第三のビール・「の○ごし生」のロング缶を飲んでいる!顔は真っ赤と言うより、赤茶色っぽくて、酒焼けしてるようだ。缶を持ったまま飲みながら途中下車して行ったので、私がそこに座ったら、足に何か当たる。見たら、同じ品種のロング缶の空き缶が...飲んでいたのは、乗車2本目だったんだな(笑)...あれぞ、正真正銘のアル中だ...

 

 下車した駅で、別のポスターを見つけた。

f:id:anomiyakun:20141205212449j:plain

 「お酒は理由にならない!暴力は犯罪です」そのとおり!

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》