酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自分と向き合う(断酒1年278日目)

 毎日良く書くことがあるね!と、家族に、半ば呆れ、半ば驚かれている。

 

 断酒ブログを始めた頃のような苦しみは、もはや無いし、酒への未練も全然ない。禁煙は、もう9年目で、あの煙が大嫌いになり、完全に嫌煙派になった。酒も、近くに酒臭い人がいるだけで、その呼気が鼻腔をかすめると、何とも言えない嫌な気分になる。

 

 書き続けるのは、自分と向き合うためである。

 

 向き合うとは、辞書によれば、「互いに正面を見て対する。むかいあう。」と言うこと。1人のようで、そうではなく、相反するもう1人の自分がいつもいる。その自分と向き合う。

 

 大酒を飲んでいた自分。やめようと思った自分。やめた自分。やめたけれど飲酒欲求に苦しんだ自分。それでも飲まなかった自分。そして、今の自分。

 

 全て、同じ自分である。

 

 最近、宇宙の外の遥か彼方にいる自分が、この宇宙→銀河系→太陽系→地球上の日本のとある場所で、飛んだり跳ねたり悩んだりしている自分を俯瞰しているような、そんな気分になることがある。

 

 酒を飲んでいた頃や、やめて苦しかった頃は、何しろ思考の大部分を《酒》が占めており、人生最大の楽しみであり、悩みでもあった。それが、今では、あれは一体何だったんだろう?と、何だか狐につままれたような心持ちなのである。

 

 自分ときちんと向き合って、問題があるなら、やめる。これが、穏やかな生活を手に入れる一番手っ取り早くて、確実な方法だ。

 

 実は今、『実録!あるこーる白書(西原理恵子・吾妻ひでお・月乃光司)』と言う本を読んでいるのだが、この中の方々(西原さんは別)に比べると、私など、アルコール依存という点では、ヒヨっ子のままで、成鳥になる前に断って良かったなあ、とつくづく思う。まだ読み始めたところなので、何れまた、読書感想文を書いてみたい。

 

 それと、私がとても嬉しいのは、私の文章を読んで、コメントを下さる方々の存在である。自分で気付いて、酒を断っておられる方々。まだ日が浅く、飲酒欲求と日夜闘っている最中の方もおられる。

 

 それは、過去の私であるし、今の私でもある。コメントを読むことが、私自身と向き合うことになっている。多くのことを教わり、学んでいる。

 

 年末に向けて、まだまだ、日々学び、ブログに書いて行こう。そして、もっと多くの方が、自分の問題飲酒に気付いて、酒を断って、happyな道へと進んでほしいな。

 

 昔は、飲酒仲間が多い方が楽しかったのだが、今は、断酒仲間をもっともっと増やしたい。

 

 ところで・・・昨日紹介した『危ない呑み方・正しい呑み方』と言う本だが、今Amazonで見たら、あれま!残り1冊になっている!昨夜は、56円で買えたのに(笑)しかも、最後の1冊の値段、元値が税抜780円の本が、8000円だって!ん〜。なんだこりゃ!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》