酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

世間では忘年会、私は忘酒会(断酒1年279日目)

 人によって期間はまちまちだが、酒を断って暫くすると、ふと、思うことがある。

 

 「ひょっとして、コントロール出来るんじゃないかな?」

 「今まで、こんなに長期間、飲まずに来れたんだもん」

 「ちょっと、試してみようかな・・・」

 

 この時期、そんなことを考えてたら、あっという間に、元の木阿弥になることは目に見えている。

 

 そもそも、コントロールできないから、アルコールに依存した問題飲酒になってしまったわけで、ある期間飲まないでいるだけで、中身が別の人間に入れ替わるわけがない。

 

 今の時節、巷では、あっちでもこっちでも、忘年会・忘年会・忘年会と、まー、バカの一つ覚え的な大合唱である。そもそも忘年会とは、年末に、その一年にあった苦労を忘れるために行う宴会だそうだ。

 

 せっかくの苦労を、なぜ忘れなければならないのか、なぜ忘れるために酒食を共にする宴会が必要なのか、真面目に考えると、良く分からない(笑)

 

 どうしても義理で出席しなければならない忘年会もあるだろう。そんな時は、自分だけは勝手に「忘酒会」にしてしまう。酒を忘れる会だ。

 

 私も、極力断ってはいても、どうしても出なければならない忘新年会がある。断酒は、昨年からのことなので、もう自分の状況を説明することもなく、飲み物は自動的にジュースやお茶になるので、楽である。

 

 どんなに周囲がアルコールを飲んでいようと、私は勝手に心の中で、「俺の忘酒会」だと思い、酒以外の飲料を飲むことにしている。

 

 ところで、今日の夕方、ニュースでやっていたが、転倒死が交通事故死の数を越えたのだそうだ。特に高齢者に多いと言う。

 

 転倒と言えば、酔っ払いにも多いだろう。打ち所が悪ければ、大怪我をするし、命を失うことだってある。

 

 専門家の人が、転倒はどういう個所が危ないか、と言うことで、

「ぬかづけ」

に特に注意と説明していた。

 

 ぬ・・・水に濡れた所(滑るから)

 か・・・階段・段差(つまずくから)

 づけ・・・片付けられていない所(障害物に足をとられるから)

 

 これに、酔っ払いも付け加えたほうが良いだろうなあ。アルコールで麻痺した身体は、平衡感覚も怪しくなり、転び易い。泥酔して転んで、アスファルトに頭を打ち付けたり、車に撥ねられたりする。電車を待つホームから落ちることもある。普段は何ともない道やプラットホームでも、酒で麻痺した頭と身体には、危険なのだ。

 

 転倒の危険個所と状態。ぬ、か、づけ、どろ。

 

 どろ・・・泥酔い。

 

 冬は、道が凍ったり、踏み固められた雪で、更に転倒し易くなっている。これに、忘新年会のアルコールが加われば、転ばない方が不思議だろう。酒は忘れて、飲まない方が身の為である。
 

 追記:

 今朝(2014年12月19日)スロージョギング中に俳句が浮かんだ。

 

 『酒忘れ 年は忘れぬ 師走なり』

 

 アンチ忘年会の私としては、せっかくの今年の苦労を、酒なんぞで安っぽく忘れたくない。苦労も楽しかったことも、しっかりとシラフの脳に刻んで、来年に活かす。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》