酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

「飲酒欲>三大欲」の異常性(断酒1年323日目その2)

 食欲、睡眠欲、性欲が、人間の三大欲と言われている。

 

 説明するまでもなく、この三つの欲は、人間を人間たらしめるために、生まれながらに備わっている。

 

 ここに、それらを押しのけるチカラをもつ、後天的に獲得された恐るべき欲が顔を出す。

 

 飲酒欲である。

 

 こいつが我が物顔をし出すと、人間が普通に暮らすために備わった三大欲が阻害されて、飲酒欲が最優先されてしまう。病態が進行すると、もはや飲酒が生活の全てになってしまう。

 

 後天的に獲得されると言えば、「喫煙欲」もあるが、タバコをどんなに吸ったところで、食欲、睡眠欲、性欲は、生きるに困るほどは阻害されないだろう。元ヘビースモーカーの私の経験からすると、食欲に多少影響があるかもしれない程度だと思う。

 

 さて、この「飲酒欲」だが、欲は欲でも、アルコールが快感をもたらすことを知ってしまった脳が、寄越せよこせ飲んで入れろ入れろと要求してくるものだ。毎晩繰り替えし身体にアルコールを注入している内に、夜昼なく飲まねばならない身体に変化してしまう。

 

 昼間に第一弾として書いた記事に紹介した丸山健二氏のtweetの中でも、

酒への依存は、違法なクスリと同等か、あるいはそれ以上の危険性を秘めており、言うなれば〈合法麻薬〉である

当人は認めたがらなくても、実際には人格と人生の大半を意志の世界から引き剥がされている

との言葉が、正に的を射ている。

 

 「飲酒欲」とは、麻薬によりもたらされた病的な習慣性である。生まれつき人間にある三大欲(食欲、睡眠欲、性欲)と比べると、その異常性がはっきりする。このところに気付くと、問題飲酒からの離脱のスタートラインに立つことが出来る。

 

 酒の恐怖を詠う短歌を三首。

 

 『麻薬なり 飲めど尽きせぬ 快感は 我が人生に トドメさすなり』

 『やめて尚 脳裏に浮かぶ 液体は 地獄の使者の アルコールなり』

 『気付くほど その恐ろしさ 肌寒し 飲み続ければ 廃人と化す』

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》