酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ポイント・オブ・ノーリターン(断酒1年346日目)

 Point of No Return[ポイント オブ ノー リターン]

 

 略してPNRとも言う。

 

 航空用語で、帰還不能点。飛び立った飛行機が、もはや出発点に戻る燃料がなくなる点。ここから転じて、「もはや後に引けない段階」の意味もある。

 

 これは今日、たまたま書店で手に取った本に出ていた言葉だ。目が釘付けになり、頭の中に《ポイントオブノーリターン》が、ズズズと入って来た。自分自身の過去を思い出して、「うわぁ~。危なかったんだなぁー」と、何だか背筋が寒くなった。

f:id:anomiyakun:20150224042650j:plain

 私はたぶん、PNRの手前で気付き、やり直しの燃料が残っている内に、出発地点に戻ることが出来たのだ。

 

 否認の病と言われているから、「オレはアルコール依存なんかじゃない!病気じゃない!」と、ずっと否認して飲み続けている人は、あっさりとPNRを通過してしまうのかもしれない。

 

 問題飲酒に於ける、このPNRという位置は、当事者以外の第三者(家族、友人など)には見えている。だが、それを本人に気付かせることは中々難しい。しかも、本人が気付かなければ、断酒のスタートラインに立つことが出来ない。

 

 考えてみれば、問題飲酒者とは、《飲酒空港》を飛び立って、目的地のない飛行を続けている航空機のようなものだ。飛び続けても、着陸する空港がないのだ。何れ燃料が尽きて、墜落するのが分かっているのに。

 

 PNRを通過する前に、ギリギリセーフで気付き、出発地に引き返せれば、人生もやり直しが効く。

 

 あなたのPNRは、まだ先かも知れないが、酒を断たない限り、そのポイントに着実に近づいていていることは確かだ。断って出発地へ引き返そう。フラフラと飛行を続けても、燃料が尽きて、制御不能となり、どこかへ落ちて終わりだ。

 

 それぞれの飲んだくれには、それぞれのポイント・オブ・ノーリターンがある。そのPNRに達する前に、自分の状態に気付き、断とうと決意し、実行すれば、間に合う。

 

 冒頭にも書いたが、恐ろしいのは、手遅れとなった場合である。もはや、そうなった人は、落ちるまで、ひたすら飛び続けるのだ。 

f:id:anomiyakun:20150224042723j:plain

 酒の問題に気付いた人、目覚めた人は本当に幸いだと思う。

 

 出発した空港まで引き返す航路が、ある意味では、断酒開始から飲酒欲求との闘いの期間なのかもしれない。無事着陸出来た時、ある程度断酒にも慣れて、快適な生活になっていると思う。

 

 あとはもう二度と飛び立たないことだ。

 

 飲酒飛行は、離陸するのも、上空で機体を維持するのも、結構な燃料(アルコール=お金)が必要であり、航続距離(飲酒期間)が延びるほど、心身が蝕まれる。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》