酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

やめられない理由(断酒1年355日目)

 酒を断ったのが2年前の3月なので、昨年もそうだったが、この月に入ると、やはり、断ったきっかけの出来事を鮮明に思い出す。

 

 一体何をしでかしたのか?あまりにもお粗末過ぎて、とても活字にしてお披露目することなど出来ない。

 

 今日はじっくりと、自分のことを思い返して見た。当たり前に飲んでいた頃、やめて苦しんだ頃、段々楽になってきて、そして 今。

 

 毎日ブログを書きながら、酒について多くの考察をしてきた。酒をやめようとしても、中々やめられない理由(わけ)を私なりに考えてみた。

 

 先ず、やめるに至るきっかけが必要だが、これは何かひとつ、きっとあるはずだ。その人にとっての、いわゆる”底付き”かもしれないし、もっと軽い気持ちの場合もあるかもしれない。

 

 (よし、明日からやめるぞ!)

 

 と、こう決意する自分は何だか格好いいし、頼もしい。不安はあるが、何となく出来そうな予感もする。

 

 ところがどっこい!言うは易し行うは難し、である。

 

 やめられない、または再度飲んでしまうきっかけいろいろ。

 

 1.先延ばしの例

 (やっぱり、明日からにしよう。今日は、最後だ、沢山飲もう。)

 2.途中挫折の例

 ( ここまでやめることが出来たんだ。どのくらい大丈夫かちょっと飲んでみよう。)

 3.イベントの所為にする例

 (めでたいこの日は例外だ。ここで飲まないでどうする!)

 4.他人がトリガーになる例

 (○○さんの勧めじゃ、断れないなぁ。少しならいいか...)

 5.屁理屈をこねて飲酒を正当化する例

 (飲まない我慢はストレスとなり身体に悪い。酒は百薬の長と言うではないか。少しだけ飲んでリラックスしよう)

 

 やめよう!と思ったところで、先ずは断酒のスタートラインに立ったわけだが...立っただけでスタートしない人、何日か走って振り出しに戻る人、何十日か走って振り出しに戻る人、など。

 

 つまり、やめよう!と殊勝にも思った人の中で、やめ続けられない人には、そもそも断酒をスタートしない人と、期間の長短はあれど、途中でまた飲んでしまう人、この二通りしかない。

 

 やめられない理由は、とっても簡単だ。それは、飲みたいから。この、飲みたい、を何とか出来れば、断酒は継続出来る。私は、かなり時間は掛かったが、飲みたい、を、飲みたくない、に変えることが出来た。

 

 飲みたい、が、飲みたくない、に変わると、極端な表現をすると、酒を見ただけで鳥肌が立つ。駅や街中で、琥珀色の液体が入ったグラスをもってにやついているタレントの、ドデカイポスターが目に入っただけで、不快になる。

 

 そんなわけで、今日も締めくくりの言葉は、いつもと同じだ。

 

 どうせやめると決めた酒ならば、大嫌いになってやろう!とことん嫌えば、飲みたくなくなる。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》