酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を断ったほうが良い人(断酒1年364日目)

 今日書くことは、私の全くの独断なので、突っ込まれても困る(笑)

 

 以下、たった一度でも、経験があれば、酒をすぐに断つ事をお勧めする。

 

 1.飲酒後どうやって帰宅したのか覚えていない。

 2.酔っ払ってつい口が滑り、他人を傷つけた。

 3.二日酔いで酷い思いをした。

 4.昨夜の事が思い出せない。

 5.○○上戸(○○=泣き、笑い、怒り・・・)、説教魔に変身してしまう。

 6.同席した女性を触ってしまった。

 7.貴重品を紛失した。

 8.朝気付いたら、あちこち怪我をしていた。

 9.昨日着てた服のまま、ベッド(布団)以外で寝ていた。

 10.部屋、トイレ、玄関、服が、吐瀉物で汚れていた。

〔※6.は男性の場合のみ。]

 (全部、私が経験したことだ(泣))

 

 たった一度なら、次に飲むときから気を付ければいいではないか!

...と、こう思うのが人情と言うものだが...

 

 たった一度でもやった人は、二度目もやるし、三度目もやるのだ。これは、酒癖と言うもので、その人に備わってしまっているのだから、気を付けようがないのである。

 

 かく言う私も、何度も反省し、何度も綺麗に飲むことを試み、全て失敗に終わった。こんなことならば、深酒でイヤな思いをした、二十代前半の頃に、ピタリと断っておけば良かった。

 

 私の知っているのんべー諸氏も、皆、酒による似たような失敗を繰り返している。結局、深く反省するのは、酒が抜けた素面の時であって、舌の根も乾かぬ内に、また飲みたくなり、飲んでしまえば、アルコールが回り、その人に応じた酒癖が出現し、またまた同じ失敗を繰り返すことになる。

 

 だから、アルコール依存症と診断されるまで待つ必要はなく、寧ろ、一度でも酒で問題を起こしたら、それをきっかけに断酒をしたほうが良い。傷が深くなる前に、浅いうちに、対処すると、治りも早い。


 今回は失敗したけれど、この次は、なんて未練たらしいこと言わずに、やめようよ。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》