酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒の処方箋(断酒2年2日目)

f:id:anomiyakun:20150312113457j:plain

 先日、ブログ読者のlillyxさんから、

その意思の強さはどこから湧き上がり、コントロールスイッチ壊れたのが依存だといわれているのに、どうやって断酒継続できたか、、、本当に詳しく書いてください

とのコメントをもらい、その時は、その内に書こうと考えていた。

 

 でも、今日書くことにした。「その内に」というフレーズが嫌いなのだ。昔を思い出す。

 

 飲んだくれ時代によく使っていた。

「その内に、飲みに行こうよ!」

でも、このフレーズを使う相手とは行かないことが多かったね(笑)

 

 と、冗談はさて置き。

 

 以下に書くことは、飽くまでも私個人の断酒の経験から感じたことなので、万人向けかどうかは分からない...

 

 先ず、私の断酒が続いているのは、意志の強さではない。私は何にしても意志が弱い。情けないほど弱い。それと、意志の強さと言う場合、もっと高尚な物事の成就を願っているような気がする。

 

 私は、2年前に泥酔した結果、大失敗をして大失態を演じ、我が人生最大・最高の自己嫌悪に陥った。その日、自分の飲酒人生を猛反省し、

「酒を断たなければ、自分の人生は、もう後が無い!」

との思いから、断酒を決断した。

 

 二度と酒に左右されるのはイヤだ!

 二度と酔っ払いたくない!

 酒を二度と口にしたくない!
 

 これらの切ない願いは、

 《絶対に○○したい!》

 ではなくて、

 《もう二度と××したくない!》

 だった。

 

 つまり、私の願望は、断酒をしたい!ではなくて、酒を飲みたくない!だった、

 

 二度と酒に自分を支配されない為に、私は断酒に意地を張り、断酒に執念を燃やしてきたのだ。決して、酒を断つことに志を高く上げ、高尚な生活を目指したわけではない。

 

 心の中には、もっとドロドロとした恨みのようなものが渦巻いていた。開始から半年くらいは、酒を飲まないことだけに、執念の炎を燃やし続けた。

 

 以前読んだ《なだいなだ先生》の本にも書いてあったが、意志が強い・弱いは、断酒に関係ない。飲まないことに意地を張るほうが余程断酒には効果があると先生の患者の例を挙げて、詳しく書かれていた。

 

 確か、何度もアルコール依存症で入退院を繰り返していた男性が、ずっと断酒が継続出来ているので、先生が、どうして酒を飲まないでいられるようになったのか診察の時に聞いたのだ。そしたら、その男性は、何か自分の沽券に関わることを賭けて、奥さんと酒を飲まない約束をしたので、意地でも飲まないのだと...そんな話だった。

 

 私も、今になってなるほどと思う。意地を思い切り張って、酒を断ち続けた。

 

 ここらで、私の断酒の処方箋を手短にまとめてみると、それは、自分を長年の間捕らえ酔っ払い地獄に幽閉してきた《酒》への怨念と憎悪であった。美辞麗句を並べたいところだが、そうも行かない。

 

 この恨みはらさでおくべきかぁ~

 

 正直な話、この気持ちで乗り切った。今は、このような恨みつらみは枯れてしまった。断酒の処方箋としては、私にはとても良く効いた。現に今、こうして酒のない暮らしを当たり前に楽しんでいる。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》