酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

喜ぶべし悲しむべからず(断酒2年17日目)

f:id:anomiyakun:20150331120215j:plain

 やめた経緯は色々あれど...

 

 飲みたい酒を、飲み続けたら、病気になって、もう飲んではいけないと医者に言われた。

 

 又は、

 

 飲みたい酒を、飲み続けたら、病気になって、もう飲まないぞ、と自分で決めた。

 

 ここで言う「病気」は、先ずはアルコール依存症、その他、アルコールが原因となって発症する、ありとあらゆる病気を含む。

 

 止めた経緯が、前者でも後者でも、どちらにしても、アルコール依存症という病気になると、唯一の対症療法は、酒を断つことである。これしかない。

 

 さて、酒を飲めなくなったならば、もう一生酒を飲めないことを、《悲しい・哀しい・かなしい》と、多くの断酒者が嘆くようだ。そして、一生酒を飲まない生活を続けながらも、日々飲めない事を悲しんでいる。

 

 《悲しい・哀しい・かなしい》果たして、それで良いのだろうか。

 

 酒を断った当初から半年~1年くらいは、私も強がってはみたものの、悲しい気持ちがあったのは確かである。

 

 今は、一生酒を飲まない選択をして、そのように生活していることが、自分の一番の幸せだと感じている。ここのところが腑に落ちるかどうかで、不飲酒生活の質、つまりQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が随分と変わって来る。

 

 何度も何度も書いて来て、我ながらしつこいと感じているが、理由はどうであれ、飲まないと決めた酒に、何故未練を残さなければならないのだろうか。この辺りが、私には分からない。

 

 酒を飲まない生活を、悲しく寂しいことではなくて、全く正反対の、楽しく嬉しいことに自分で変えてやればいいではないか。

 

 実際、酒つまりアルコール(エタノール)の害を調べれば調べるほど、飲まないほうが良い、寧ろ飲んではいけない飲み物だと言う事が分かる。インターネットでも、書籍でも、体験談でも、アルコールの害は山のように見つけることが出来る。

 

 それら酒の害悪を、時間を掛けて自家薬籠中の物にしてしまうのだ。酒を嫌い、酒の害悪がすぐさま浮かぶようになれば、どんな酒でも、見ただけで吐き気を感じるようになる。そこまで徹底的に酒を嫌ってみたらどうだろうか。

 

 私は強く思う。酒を断ち、一生酒を飲まない選択は、あらゆる酒害から自分を守ることが出来るのだから、大いに喜ぶべきであって、悲しむのはおかしな話だ。

 

 断酒人は 断酒を 喜ぶべし 悲しむべからず

 (だんしゅびとは だんしゅを よろこぶべし かなしむべからず) [by のみすけ]

f:id:anomiyakun:20150331143440j:plain

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》