酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

花とチュウ(断酒2年32日目)

 

↓↓↓今日の昼前に撮影した、花壇。

f:id:anomiyakun:20150415161755j:plain

 ↑↑↑花は綺麗だけれど、不釣り合いなモノが下の方に・・・左から、本体、プルリング付の金属の内蓋、一番外側のプラスチックのフタ。

 (特定商品を晒すのが本意ではないので、銘柄部分にはモザイクを掛けた。)

 

 今の時期、あちこちで綺麗な春の花が咲き誇り、このように手入れされた花壇も、目の保養になる...のだが...

 

 酒を断ってブログを始めた私は、雑草でも、このような観賞用の植物でも、一生懸命に咲く花が好きで、良く写真に撮る。

 

 今日、この花の写真撮影は、このゴミが邪魔だったので、どうしようかと思ったが、その時、私の古い脳は、閃いた。おぉー!そうだ!ブログネタにしようと、パチリッ。

 

 昔(1968年)、森進一が歌って流行った《花と蝶》をもじって《花とチュウ》で行けるな、と...ただ、古すぎて、読んで下さる方の中で、この歌を知っている方は何%いらっしゃるのか。10%?20%?

 

 因みに、《花と蝶》は、花にひらひらと舞い降りる蝶。《花とチュウ》は、綺麗な花が咲いているのに、そんなもの気にもせずに昼間から酒を飲むアル中の《チュウ》だ。私はこのアル中の《チュウ》人間を「アルチュマン」と命名した。

 

 このゴミは、今朝、スロージョギングで通った時には無かった。

 

 この写真を写したのは、午前10時ごろなので、恐らく7時~10時の間に、下のような順番で、このゴミの出現が成されたのであろう。

 

1.どこからか、アル中人間アルチュマンがやって来た。

2.花などに目もくれず、せかせかとワンカップのフタを開けてポイっと捨てた。

3.ウムム!モドカシイと言いつつ中蓋のリングをこじ開けて捨てた。

4.中身をそそくさと飲み干した。

5.空き瓶を置き去りにして、アルチュマンは、どこへやら去って行った。

 

 ここで飲んだアルチュマンは、全身にアルコールが回り、精神が変容し、脳内ではどこかへトリップしていたはずだが、目的地は一体どこだったんだろう。現実に咲く花を見ずに、脳の中に咲く幻想の花を見ていたんだろうか。などと想像を逞しくしてみた。

 

 ううむ。それにしても、何の役にも立たぬアルチュマンではある。と言うより、街を汚しているだけだな。普通ナントカマンと名が付くと、正義の味方とかヒーローなんだが。バットマン、スパイダーマン、スーパーマン、ウルトラマン、レインボーマン、ミラーマン、スペクトルマン・・・ちと古いかな(笑)

 

 今日は、アルチュマンに当たりの日だったのか、その後乗車した電車でも、自分と同世代くらいのアルチュマンを二人見かけた。

 

 ひとりは山手線で。

 →ガリガリに痩せているが、カジュアルな格好のおやじ。顔が赤く、酒臭い。目が座っている。突然奇声を上げて、何か言うが、そのあとすぐに周囲を見回し、「あ、こりゃ、どうもすみません」と謝る。これを乗車中何度も繰り返し、大きなターミナル駅で下車して行った。

 

 もう一人は、帰りの私鉄で。

  →通路の真ん中に立ち、横を通る人の邪魔をしている。やはり酒臭く、顔が赤い。格好は、極普通のカジュアルオヤジだが、目付きが悪い。横を通る人がちょっと触れただけで、「こら!通らせてやったんだから、お礼ぐらい言え!」などとほざいている。下車する時も、乗り込んで来ようとする人の胸を押して、「なんだ、コラ!」と威張り散らしていた。

 

 この二人のアルチュマンは、幸いにして周囲に常識ある(?)私のような人間ばかりだったから無傷でいられたけれど、運悪く、シラフでかつ短気な若者にでも当たったら、歯の何本かと、腕か足が折れて、今頃病院にいるのではなかろうか。

 

 花が咲く今の季節は、アルチュマンが出て来る時期なのかな~。丸で虫が湧いて来るみたいだなぁ(笑)

 

 ついでなので、本家《花と蝶(歌:森進一/作詞:川内康範/作曲:彩木雅夫)》の替え歌《花とチュウ》を作ってみた(笑)

 

 

《花とチュウ》

酒が女か 男がチュウか
チュウのくちづけ うけながら
酒を飲み過ぎ チュウが死ぬ
そんな惨めな 女はいやだね

酒を飲み過ぎ チュウが飛ぶ
チュウが死ぬとき 酒が散る
病みを競って げっそりと
飲み過ぎ 飲み過ぎ 命を賭ける

酒のいのちは 長いけれど
チュウのいのちは 短くて
酒を飲み過ぎ チュウが死ぬ
そんな惨めな 二人はいやだね

 

 うぅむ・・・替え歌を作ってみたのはいいが、今回のは今ひとつ意味が分からないな(笑)難しいなぁ。

 

 今日の出来事を振り返り、断った酒を、これからも断ち続けて、一生口にすることなく、二度とアルチュマンには変身しないことを、私は改めて誓った。

 

 しかし怖いのは、しつこいようだが、昨日のブログに書いたことだ。たったひと口の酒で、あの仮面ライダーのように、ヘンシーン!と、アルチュマンに変身してしまうのだ。

 

 常に心の中では、厳戒態勢を敷いて、アルコールには厳重注意するしか防ぐ手立てはない。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》