酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

寅さん映画と私のブログ(断酒2年73日目)

 『「私は親のようにならない」読書感想文・後篇』を書こうと思ったのだが、内容が重すぎるので、休憩を入れて、明日以降に・・・

 

 今日は、今朝ふと感じたことを軽めに。

 

 2年前のブログ開設当初から、ずっと冒頭に、

『31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!』

の文言を貼りっ放しである。

 

 今となっては、自分で書いた自分の心情であったのに、『「断酒」はつらいよ。。。』の部分に、とても引っかかる。もう、あまりつらくないからだ。

 

 そんな事を考えていて、『「断酒」はつらいよ。。。』のネタ元の映画、『男はつらいよ』の変遷を想起した次第。

 

 

 『男はつらいよ』シリーズの最初の頃の寅さん(↑↑↑)は、自分がマドンナに恋をしては失恋し、旅に出る。これの繰り返しだったわけだけれども、甥っ子の満男が青年に成長して来た頃、恋愛や人生に円熟味を増した寅さん(↓↓↓)は、自分の色恋沙汰は棚に上げ、満男の指南役に回るようになる。

 

 

 私のは、女性への恋愛ではないけれど、2年数か月前までは酒に激しく恋をしていた。問題が生じて突然別れてはみたものの、酒に未練たっぷりで、毎日会いたくて会いたくて困っていた。そこで先ずは自分の酒への恋愛感情を何とかしようと、このブログを書き始めた。

 

 2年前の今頃のブログを読み返すと、酒をやめたばかりの、孤独な飲んだくれおやじの、酒我慢の苦悩が日々綴られている。いつまでこの苦痛が続くのか・・・と。

 

 ところが、ブログに日々の思いと酒の悪いことを吐き出す、《酒の悪口療法》が功を奏して、徐々に私の心情も変化し、最近では殆ど飲酒欲求を感じなくなった。但し、酒は悪魔の飲み物なので、警戒を怠らず、戒めのためにブログは書き続けている。

 

 私には断酒の指南などは出来ない。が、断酒の良さをアピールしたり、過剰飲酒の悪影響などを日々書くことにより、一緒に断酒している方々と、断酒の日々を共有することが楽しい。 

 

 晩年の寅さんは、よく甥っ子の満男に恋愛の仕方を説いていたものだ。私も、断酒が如何に素晴らしいものか、これからも書き続けて行こうと思っている。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》