酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

最近の、酒への思い(断酒2年112日目)

 『断酒とは、飲む人間が死んで、飲まない人間に生まれ変わることだ。』

 

 いきなり、何を言ってんの??

 

 と、面食らわれそうだが、これが、最近の私の、正直な気持ちだ。

 

 酒を大嫌いになれば、酒を飲みたいという激しい衝動から解放されるだろうと、本で読んだり、ネットで調べたりして、酒害を毎日毎日ブログに書いていたのは、いつごろまでかな〜。最近、そう言ったことは、ほとんど書いてないな。

 

 そう言えば、愛酒家の酔っ払いネットサーファーから、何度も、「酒の悪口を書くんじゃねぇー!」との、コメントが入ったこともある。それで、ブログの先頭に、「このブログは元飲んだくれ現断酒中の《のみすけ》が書いているので、酒を愛する人は、無視してねぇ〜」との、注意書きを入れたのだった。

 

 今でも、酒をやめるには、酒を大嫌いになる「酒の悪口療法」が一番効果的だと自負しているけれど、今の私が酒を大嫌いかと言うと、そういう心理ではないことは確かである。口に入るものを、好きとか嫌いとか表現するのは、いつでもそれを飲食出来るからで、封印してしまった酒は、そんな評価の対象外になってしまった。

 

 世の中での酒の存在をどう思うかと問われれば、害多くして益少ない哀れな飲み物、とでも答える。

 

 冒頭の言葉にあるように、酒飲みの《のみすけ》は、いつの間にか死んでしまい、酒を飲まない《のみすけ》に生まれ変わったような感じがする。

 

 たまにかみさんがふざけて、「晩酌にどう?」なんて、スーパーで、新しく出た酒を手にとって、ぬッと、私の眼前に突き出したりするけれど、私はほぼ無反応である。かみさんに言い返す言葉は、「あんたが飲みたきゃ買えば?」

 (うちのかみさんは、体質的にアルコールを受け付けない人間なので、買うわけがないけれどネ(笑))

 

 心の中では、あー、飲んだくれのオレはもう死んでいないんだな、と思っている。

 

 もちろん、飲んだくれ時代のDNAは、私の体内のあらゆる細胞にそのまま存在し、虎視眈々と復活のチャンスを伺っているだろうし、深層心理に沈む、酒を飲まそうとする小悪魔も、いつだって飲んだくれ《のみすけ》の復活を目論んでいる。

 

 酒及び飲酒への油断は絶対にしないよ~!

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》