酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は胸を張って堂々と!(断酒2年115日目)

 またまたニュースに出ていた、警官の飲酒運転。

 

 福岡県警で、2015年7月4日に警部補(49)が酒気帯び運転で現行犯逮捕され、県警内では、再発防止の緊急通達が回ったばかりだが、その翌日の夜に、別の警部補(58)が、缶ビールを飲んだ2時間後に車を運転したのだそうだ。

 

 世の中をおちょくってるのか!?と言うくらい、毎日のようにこんな酒絡みのニュースばかりではないか。夏、まさに今の時期の嫌われ者の、後から後からどこからともなく湧いて来る”蚊”みたいなものだな。

 

 このような一連の、飲酒と言う行為のもたらす結果を鑑みるに、酒を飲む行為は、実は特殊で異常なことなのではないか?飲まない、やめた、断酒、不飲酒、嫌酒、何でもいいけれど、酒を飲まないことが普通で一般なのではないか?と、こう考えた。

 

 飲酒が当たり前の世の中で、断酒した人はどういうわけか、肩身が狭いような、小さくなっていなければならないような、そんな引け目を感じるようだ。飲み会に出席する時にも、酒を飲まない理由を何と言っていいやら悩んだりする。何故か、コソコソビクビクしている。

 

 これは、断然、ヘンであろう。《エタノール毒入り飲料=酒》を楽しそうに飲んで騒ぐ方が、ヘンであり、飲まない人はマトモなのである。

 

 同じように身体に取り入れてラリッてしまう、法に触れる薬物を楽しんで騒いでいたら、すぐにお縄になってしまうのに、《エタノール毒入り飲料=酒》は、合法的な飲み物と言うだけで、扱いが別格なのである。

 

 例えば、宴会スタート!から、終了!まで、何時間か経過した後で、酒を飲んだ人と飲まなかった人に、各種のテストをしてみたらよろしい。頭脳と、運動機能と両方を調べて見るのである。

 

 飲んだ人 → 簡単な暗算すら出来ない。幅10センチの平均台の上を歩かせて見ると、バランスを取れずに、すぐに落ちてしまう。

 

 飲んでない人 → 暗算はもとより、もっと複雑な筆算も可能。幅10センチの平均台だって、両手を広げてバランスを取って、ゆっくりと端から端まで歩くことが出来る。

 

 この《エタノール毒入り飲料=酒》を飲んで酔っ払った末に、冒頭のニュースのように、本来酔っ払い運転を取り締まる側の人間が、自ら酔っ払い運転をしてしまうのである。

 

 酔っ払い運転、これは、何の弁解の余地も無く、その直接的原因は、飲酒にある。同じ宴会の席にいても、ジュースとかウーロン茶を飲んでいたなら、それらをどんなに沢山飲んで車を運転したところで、精々、トイレが近くなるくらいだろう。

 

 このように物事をきちんと整理して考えると、生来酒を飲めない人、飲めるけど酒が嫌いで飲まない人、それと私たちのような断酒者は、当たり前に酒を飲んでいる人々の中で、もっと胸を張って、堂々としていようではないか!

 

 『胸を張れ 酒断ち人よ 堂々と! 飲まぬ人生 酒害ゼロなり!』

 (むねをはれ さけたちびとよ どうどうと! のまぬじんせい しゅがいぜろなり!)

 

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》