酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコール恐怖症(断酒2年130日目)

 何年断酒していても、飲酒欲は消えない、と聞いたことがある。

 

 20年、30年の長きに渡って酒を断っている人でも、たったコップ1杯のビールで元のアル中に戻ってしまうことがあるようだ。

 

 私の場合、今のところ、飲酒欲はない。アルコールに対する恐怖心が勝り、口に入れることを想像出来ない。

 

 アルコールに対する心模様の移り変わりを簡単に書くと、

大好き→大嫌い(になるように自分を仕向ける)→大嫌いになった→コワイ。

 

 つい数か月前までは、酒のことは、「大っ嫌い!」のスタンスだったが、今は、コワい。怖いので、酒そのものから遠ざかるのは、もちろん、飲んでいる人の近くにいるのも嫌なのである。

 

 この心理状態は、○○恐怖症に似ていると思った。高所恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症、先端恐怖症、視線恐怖症、など、恐怖症には実に沢山のものがある。

 

 《恐怖症(きょうふしょう)は、特定のある一つのものに対して、心理学的および生理学的に異常な拒絶反応を起こす症状で、精神疾患の一種である。》(wikipedia)

 

 最近の私は、アルコールや酒に対して、心理学的および生理学的に異常な拒絶反応を起こしている。これはアルコール恐怖症かもしれない。同じアルコールに対する病でも、アルコール依存症に比べて、どちらか選べと言われたら、アルコール恐怖症のほうだな~。

 

 などと考えて、ネットで調べてみたらば、ちゃんと精神医学用語として定義されているのには驚いた!

 

 alcoholophobia《精神医学》
 methyphobia《精神医学》
 potophobia《精神医学》

 

 アルコールフォビア、メスィフォビア、ポトフォビア。alcoholは分かるが、methyとpotoについては、何故にアルコールを意味するのか、良く分からない。英語に詳しい方に教えを乞いたい。

 

 フォビアとは、英語で恐怖症のことで、最近では、フォビアを「嫌悪」や「忌避」という意味で使うこともあるそうなので、アルコールフォビアは、アルコール恐怖症だけではなくて、アルコール嫌悪、とか、アルコール忌避になる。

 

 これからは、あなたも私も、「アルコールフォビア」でいいのではなかろうか?毒物のアルコールを恐怖する。人間として極当たり前の反応だ。生きて行く上で、何も不都合はなかろう。

 

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

NoSakeSince20131225さんから、メール便で写真が届いてたので、ご紹介。

f:id:anomiyakun:20150721122025j:plain

件名:「5つのゼロ」
本文:「技術の進歩は素晴らしいです。
でもアルコールが8%入ってます(^_^;)」

 

 アルコールをゼロにすると、酒ではなくてジュースになってしまうしね〜。香料・プリン体・糖質・甘味料・着色料・アルコールの中で、アルコール以外は、そんなに直接的な悪さをしないと思うが、身体に一番毒なアルコールはゼロにできないんだな〜。(当たり前だけど)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》