酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒が何に見えるか(断酒2年152日目)

 偶然誰かが缶を片手に歩いていたり、家族が毎晩飲んでいたり、自分の断酒に関係なく、それは一日の内で何度も目に飛び込んで来る。

 

 それ(酒)が自分にとって何に見えるか、どう見えるか。目を背けたくなるのか、じっと見ていても平気なのか。

 

 最初は、当たり前にサケを飲んでいる人が羨ましくて仕方ない。自分も仲間入りしたい。そこから、一日断酒の積み重ねと、酒害の自己教育によって、少しずつほんの少しずつ意識改革が始まる。

 

 今日は、夏休みの人が多かったせいだろう、日中からあちこちで缶ビールを飲む人を見かけた。道端の喫煙所にしゃがんで、缶ビールを飲んでいるおっさんを見かけた。

 (あちこち、と言っても、今日の私は夏バテで、どうしても必要な買い物に一度外出したときの、その往復の道のあちこちなので、ここから推測すると、日本全国では、一体!?)

 

 2年前の私の感想は、うわ!うまそう!いいなあ!。

 今日の私の感想は、あー、切ないな。真昼間からあんなもの飲んでる。

 

 酒も、私と言う人間も、見た目は何も変わってない。酒はどんどん造られるから、古くないが、2年前に比べたら、私と言う人間は老けたことは確かだろうけどネ。

 

 では、何が変わったのか。酒に対する意識、捉え方、考え方だろう。

 

 そもそも、酒は飲み物って、本当なのかな。誰がそう言ったんだろう。と、この辺りから、根本的に意識が変革されてくると、酒そのものが目に飛び込んで来ても、割と平気なのである。

 

 今日、不飲酒仙人(!?)のかみさんと、こんな会話をした。

 

 私:「この夏も水難事故で死んじゃう人、多いな~」

 妻:「子供は別だけど、大人は酔っ払って水に入る人が危険でしょ」

 私:「そう。オレも経験あるけど、どうしても酒飲むからね、水辺で」

 妻:「しかし、お酒なんて、なーんにも良いことないのに、なんで飲むの?」

 私:「良いこと、あるよ。飲むと気持ち良くなる。」

 妻:「それだけ?」

 私:「ん、まーそれだけ」

 妻:「飲んで酔って気が大きくなってさ、自分で危ないことに気付かないわけでしょ」

 私:「確かに」

 妻:「バカだねー」

 私:「・・・」

 

 私は、しこたま飲んでいたが、やめた人間。

 かみさんは、生まれてからこれまで飲酒をしたことが無い人間。

 

 酒が何に見えるか。私は、まだ危険を孕む飲み物に見える。かみさんの頭の中では、酒はそもそも飲み物に分類されていない。眼中に無い。

 

 あなたは今、酒が何に見えるだろうか。

 

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

 

Happy!《読者通信》に、楽しいメール便が続々届いてます!

 

readers.hatenablog.com

 

readers.hatenablog.com

 


 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》