酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒からの自由はどこにあるか(断酒2年166日目)

f:id:anomiyakun:20150827204921j:plain

 寄る年波に勝とうとは思わず、逆らわず、飽くまでも自然体で、老眼とド忘れに慣れつつある今日この頃。

 

 人生の時間が残り三分の一ほどになって来たが、人間は生きている限り、前進するのだ。実際のところは、たった今、急病や事故で終わるかも知れない儚い人生なのだから、残り時間など考えず、酒井雄哉大阿闍梨のおっしゃるように「一日一生」で生きるのが良い。

 (などと格好いい事を書いたけれど、飲んだくれ時代にかなり後退しているので、私の場合、♪一歩進んで二歩下がる、の逆で♪二歩下がって一歩進む、だろうから、全然進んでないかも(笑))

 

 素朴な感覚なのだが、酒を断ってから、こうしてちゃんと生きている、ただこれだけの事が嬉しい。その上、あらゆるものに興味が湧き、常にアンテナを張って、どんなモノ、人、動植物からでも何か学んでやろう、と、キョロキョロしている(笑)

 

f:id:anomiyakun:20150827204947j:plain

 

 さて、本日の学びの収穫は??

 

 電車の内側の、ドアの横辺りに貼られた四角い広告スペースを見るともなく見ていたら、

「自由は、厳しいレッスンの先にある。」

との、某英会話学校のコピーが目に飛び込んで来た。

 

 下車する寸前に気付いたので、その他の説明は読んでないのだが、この学校のキャッチコピーの「自由」とは、英会話を楽しめる自由だろうか。

 

 翻って、このコピーから私が閃いたのは、酒からの自由も同じことだと。

 

 あれから2年数か月。私は酒から自由になった。酒の呪縛から解放された。もちろん、やめてすぐ自由になったわけではなくて、やめた直後は、酒が飲めないことを、とても不自由に感じていた。

 

f:id:anomiyakun:20150827205011j:plain

 

 酒から自由になりたいのなら、酒を飲まない日々を送ることを自ら望み、飲みたいのに飲まない生活に浸る、「厳しいレッスン」を繰り返さなければならない。来る日も来る日も、レッスンである。ただ酒を飲まないだけなのに、とても厳しいレッスンである。

 

 レッスンをサボるのは、とっても簡単だ。プシュッとプルタブを開けて、ゴクゴクしてしまえば、ハイッ!レッスン中断。(レッスンはいつでも再開できるけれどネ!)

 

 酒からの自由は、自分自身の中にある。

 

 しかし、それを見出すには、磨かなければならない。「玉磨かざれば光なし」である。まとわりついた酒を振り落して、日々自分を磨くことが、厳しい酒断ちのレッスンになるのかな。ピカピカになって来る頃、酒からの自由を感ずることだろう。

 

 

f:id:anomiyakun:20150826040026p:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》