酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒からの逸脱はいつだってOK!(断酒2年200日目)

 旅を始めた人が数年後、出発地を振り返るように、私も2年半前を振り返ってみた。

 

 断つと決めた日から始まった、酒を断つひとり旅。酒からの逸脱。己の分離。

 

 (今日のタイトルは、「逸脱(いつだつ)」と「いつだって」のダジャレにしてみたんだけれど、気付いた人は、凄い!?)

 

f:id:anomiyakun:20150930231300j:plain

 

 出発当初はたったひとりで、かなり心細かったが、ブログのお蔭で、一緒に旅をして下さる人が一人、二人と増えて来て、今や何人一緒に旅をしているのだろう。10人?20人?30人?もしかして100人くらい!?

 

 もうひとつの選択肢として、あの時、酒を断たない道を選んでいたら、もちろんあのまま飲み続けて、酒と一緒のふたり旅を今もしていたことだろう...けれど...

 

 いつも酒と一緒!?考えたくないな!

 

 常々書いていることだし、飲まない人には当たり前のことだが、私にとっては特筆すべきこと、それは、この2年半、記憶が連続していること。飲まないから当然だが、一度も二日酔いによる気分不快な日が無いこと。泥酔による失言や失態が無いこと。
 

 この、断つか断たぬかの岐路に立った時、逡巡してはいけない。スパッと決めたほうが良い。何と言っても、これまでずっと一緒だった酒と別れるのだから、後ろ髪を引かれる思いが半端ではなく強いだろう。だからこそ、スパッと、ネ。

 

 ただ、感情的に物事を進めるのは、簡単だが土台が弱すぎる。『禁酒セラピー』やアルコール依存関連の本を数冊は読んで、ある程度理論武装しておかないと、すぐに心の中の小悪魔に負けてしまう。

 

 酒にコントロールされている時は、飲酒が本筋であり、決められた枠であり、ルールだろう。逸脱とは、本筋や決められた枠から外れること、ルールから外れた望ましくない行動を言う。

 

 人間をして酒の支配下に置いている小悪魔からすれば、私たち断酒者の、飲酒からの逸脱は、ルールから外れた望ましくない行動に映る。本線に引き戻そうとするのが、激しい飲酒欲求なのだろう。

 

 でも、もう、飲酒の本線には、戻らないもんネ!わははは!

 

f:id:anomiyakun:20150930231425j:plain

(今日の2枚の写真は、あの伊能忠敬翁である。50歳を過ぎて隠居してから本格的に天文を学び、日本全国を歩いて測量し、地図を完成させた。

先日行った、門前仲町の富岡八幡宮にて撮影。)

 

 50歳を過ぎてから、飲酒の怖さを学び、断酒することだって、ひとつの事業だ!

 とっても小さいけど(笑)

 でも、断酒する人が増えれば、酒害が減って、社会的には継続する大きな事業になってゆく。

 

 

 

f:id:anomiyakun:20150826040026p:plain

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》