酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

身体が元気な内に酒をやめる(断酒2年216日目)

 今日のお題は、konbu2828さんからのコメントから拝借した。

 

 元気だから酒がうまい。酒が飲めるから元気だ。なんて言って、堂々巡りしている内に、元気なはずの肉体と精神が蝕まれ、傷んで来る。

 

 精神が傷めば、アルコール依存症。肉体が傷めば、病気原因のデパート・アルコールに起因する疾患に襲われる。脳から始まって、身体中のあらゆる臓器がアルコールに侵される。

 

 アルコールに起因する病気については、厚生労働省の《e-ヘルスネット》の「飲酒」のページに詳しい。今飲みつつも、やめる踏ん切りがつかないでいる人は、一度ご覧になってみたら良い。国が運営しているサイトに、ここまではっきりと書いてある。

 

 身体と精神は生きて行く上で両輪であり、どちらか一方がやられると、もう一方も影響を受ける。病は気から、気は病から、である。この、病から気を責め、気から病を責める、両サイドから人間を攻撃して来るのが、アルコールだ。

 

 何故と言うに、酒で人間を縛り、飲まずにはいられなくして、気を責め、飲んでいる内にアルコールの過剰摂取となり、身体のどこかを疾患に陥らせ、病を責める。

 

 身体が元気な内に酒をやめるのが、正に、理想的な酒のやめ時。

 

 私は、30年以上も過剰に酒を飲んで来たのに、奇跡的にアルコールに起因する病気にはならず、断酒後は、割りと健康に過ごしている。こんなのは、たまたま運が良かっただけだろう。

 

 今、酒による疾患を自覚している方は、酒を断つことにより、その改善が見込まれるはずなので、やっぱり断酒が正解。

 

 今、飲んだくれていても元気な方は、たまたま運が良いだけに過ぎないのだから、やっぱり断酒が正解。

 

 身体が元気な内に酒をやめよう!

 

 何らかの病気を患っているなら先ずは酒をやめよう!

 

 結局酒なんぞ、どんなに飲んだって、ひとつも良いことがないのだし、決めた分量でピタッ!と止めることなど出来やしないのならば、潔く断つ!これが正解なのだ。

 

 

f:id:anomiyakun:20150826040026p:plain

 

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》