酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

減らせない!断つしかない!(断酒2年230日目)

 昨日に引き続いて、断酒開始から暫くしての頃の現象について...

 

 そのうちのひとつ、誰しもがふと囚われる、怪しげな思い(=節酒で行けるかも?)。

 

 その人にとっての、あるまとまった期間、例えば、10日間とか、ひと月とか、3か月とか、もっと長くて1年とか、酒から離れていられた場合。そのままやめていれば良いものを、「治ったのかもしれない」と言う考えが、むくむくと頭をもたげて来る。

 

 かく言う私も、3か月とか半年くらい経ったころだったか、正確には覚えていないが、こんなに長くやめていられたのだから、アルコール依存症が治って、自分は飲酒をコントロール出来るのかも...との考えに囚われた。

 

 これはつまり、断酒から減酒とか節酒へと方針転換することを意味する。

 

 この時、私は、沢山の関連する書物や先人の意見(ブログやウェブサイト)を学んでいたので、決して自分の判断を試してみることはしなかった。

 

 そもそも「治る」わけがない。このことを知っているかどうか、これがポイントである。他の病気ならば、完治することもあるし、寧ろ、ある期間を治療に当てれば、治る可能性が高い。

 

 アルコール依存症、昔の表現で、アルコール中毒、アル中は、治らない。30年やめていたのに、飲んで一気に元のアル中に戻った人の話を、何かで読んだことがある。その時、この病の恐ろしさをひしひしと感じて、背筋が寒くなった。

 

 一度アルコール依存症になった人は、もう酒に関しては...

 

 《減らせない!断つしかない!》

 

 これである。飲酒量を減らしたり、節約したりして飲み続けることは、出来ないのである。

 

 減酒、節酒が絶対に不可能か?と問われれば、沢山の人の中には、減酒や節酒がうまく行っている人もいるかもしれないので、絶対に不可能とは言えない。ただ、ならば試してみる価値があるのか、ここのところを熟考する必要があると思う。

 

 自分が何故酒をやめたのか、の原点に戻って考えてみれば、ある一定の決めた量で必ずSTOPする飲酒習慣を我が物に出来なかったからやめたのではないか、と思い当たるはず。

 

 ある期間飲まないでいられたら、適正飲酒する芸当が身に付くのであれば、世の中、禁酒する人で溢れかえっていることだろうが、そう甘くはないのだ。

 

 酒害者本人、医師、カウンセラー、看護師、その他関係者、など色んな立場の人が書いた本や、立ち上げたウェブサイト、ブログなど、これまでかなりの量を読み、学んできた。

 

 そのどれにも、再飲酒(スリップ)は、必ず元のアルコール依存症に戻るだけであり、断つこと、断ち続けることが唯一の道であることが示されている。

 

 

f:id:anomiyakun:20150826040026p:plain

(そろそろハロウィンバージョンも終わりだ...)

 

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》